「黄不動」の版間の差分

編集の要約なし
京都・[[曼殊院#国宝|曼殊院]]等に伝わる多くの模写像は、磐座上に立つが、本像は、円珍が実際に感得した際のさまを表現しているため、虚空上に立つ姿を本紙いっぱいに描いている。また、背景も虚空の状景を表すため、何も描かれていない。不動明王を単独で描いた仏画としては現存最古の遺品である。天台宗[[寺門派]]最高の厳儀とされる[[伝法灌頂]]の受者しか拝することが許されない秘仏とされる。
 
円珍は、[[比叡山]]や渡[[唐]]上でこの黄不動に再三感得し、身の危険を救われたとされと種々の伝承に伝わるが、その根幹になったのは、円珍没して11年後の[[延喜]]2年([[902年]])[[文章博士]][[三善清行]]が撰述した『天台宗延暦寺座主円珍和尚伝』にある一文である。[[承和 (日本)|承和]]5年([[838年]])冬の昼、石龕で座禅をしていた円珍の目の前に忽然と金人が現れ、自分の姿を描いて懇ろに帰仰するよう勧めた。円珍が何者かと問うと、自分は金色不動明王で、和尚を愛するがゆえに常にその身を守っている答えた。その姿は「魁偉奇妙」で手に刀剣をとり、足は虚空を踏んでいた。円珍はこの体験が印象に残ったので、その姿を画稿に銘じて写させたという。この伝承通り承和5年頃の制作と見られていたが、同じ図様は[[空海]]が請来した図像に既に見られ、細部は円珍請来本の中で初めて見られることから、円珍が帰朝した後描かれたとする説が有力である。
 
本像はその聖性や神秘性から、後世しばしば模作された。現在、絵画作品がおよそ20件、彫刻は6件ほど知られている。