「ヤング歌謡大賞・新人グランプリ」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概要==
新人歌手に特化した音楽祭で、[[1982年]]までの「'''ABC歌謡新人グランプリ'''」が[[1983年]]にゴールデンに進出したもの。会場は当初[[梅田芸術劇場|梅田コマ劇場]]や[[フェスティバルホール]]、[[大阪厚生年金会館]]だったが、1987年から[[大阪城ホール]]で開催されていた。審査委員長は[[服部良一]]であった。その他、作曲家、音楽評論家、テレビ・雑誌のコメンテーターなどが審査員に起用した。
 
[[1988年]]以降のこの特番の名称は、『'''歌謡ゴールデン大賞・新人グランプリ'''』(かようゴールデンたいしょう - )に変更となった。同じテレビ朝日系列で放送されていた『[[全日本歌謡音楽祭]]』が1990年に終了した後も引き続き放送されていたが、平成に入ってからの音楽祭に対する考えの変化で、音楽祭に左右されない音楽活動を希望するアーティストが増えたため、それに伴いノミネートを辞退するアーティストも増えたことから、大賞自体もその煽りを受け、[[1993年]]の開催をもって幕を閉じた。
匿名利用者