「ワイルドカード (情報処理)」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.6.4) (ロボットによる 追加: ko:와일드카드 문자)
[[情報処理]]コンピュータなどの関連におけるいて、'''ワイルドカード'''は[[検索]]するなど(グロブ([[w:glob (programming)]]))の際にどんな指定するパターンにも[[マッチ]]使用する[[特殊文字]]のひとつで、どんな対象文字、ないし文字列にも[[マッチ]]するもののことである。[[カードゲーム]]の[[ワイルドカード (トランプ)|ワイルドカード]]に由来する称。
 
[[UNIX|Unix]]の[[シェル]]では、「?」([[疑問符]])を任意の一文字、「*」([[アスタリスク]])を長さ0文字以上の任意の文字列にマッチするパターンとして、コマンドライン上で、存在するファイルの名前に対して展開される(たとえば ac abc abd というファイルがある場合、cat a*c とコマンドを入力すると、cat abc ac のように展開されたうえで、cat プログラムが起動される)。
[[MS-DOS]]・[[Microsoft Windows]]や[[UNIX]]、[[Linux]]など多くの[[オペレーティングシステム]]では、[[ファイル名]]に対するワイルドカードとして「[[*]]」や「[[?]]」が使われる。Windowsの場合、「*」は文字数不定(文字数ゼロも含む)の文字列の代用、「?」は1つの文字の代用として、使うことができる。
 
[[MS-DOS]]やその衣鉢を継いだ[[Microsoft Windows]]では、シェルはそのような展開を行わず、ワイルドカードはプログラムのプロセスにそのまま渡される。[[COMMAND.COM]]の内部コマンドにおける解釈では、ファイル名の途中で * があると、そこから拡張子のピリオドまでマッチをすっ飛ばし、全てマッチしたものとみなすので、FOO*BAR というパターンは FOO* と全く同じ意味である。また、REN *.TXT *.BAK といったようなコマンドに対してはDWIM的な([[w:DWIM]])挙動をする。
例えば「ワ*」と指定すれば、ファイル名が「ワ」で始まる(「ワ」一文字も含む)全てのファイルが、「ワ???」なら、「ワ」で始まり、その後に3文字が続く全てのファイルが検索でヒットすることになる。
 
[[SQL]]のWHERE句におけるLIKE演算子では、長さ0文字以上の任意の文字列が「%」、任意の一文字が「_」である。
SQLの場合、「[[*]]」の代わりに「%」、「[[?]]」の代わりに「_」が用いられる。
 
== 関連項目 ==