「奴婢」の版間の差分

m
編集の要約なし
 
==朝鮮の奴婢制度==
朝鮮の奴婢制度は、三千年前、[[箕子朝鮮]]の刑法「[[八条禁法]]」に始まったと言われる。窃盗犯は被害者の奴婢となること、姦通罪を犯したものは国の奴婢とされた。奴婢制度は、箕子朝鮮から[[馬韓]]に受け継がれたのち、その後数百年間は存続と廃止を繰り返すが、西暦918年[[高麗王朝]]により朝鮮半島が統一されると再び一般化した。<ref>アーソン・グレブスト著『悲劇の朝鮮』</ref>1894年の甲午改革に至ってやっと奴婢制度が法的に廃止された。しかし、一部では実質的には1920年代まで残っていたという。<ref>林鐘国著『ソウル城下に漢江は流れる』</ref>
 
奴婢は主人の所有物であり、売買・略奪・相続・譲与・担保の対象となった。「奴」は男の奴隷、「婢」は女の奴隷である。婢女が生んだ子供は主人の奴婢とされ(随母法)、また奴僕の子も奴婢となった。
23

回編集