「ノート:柔道」の版間の差分

「当身技は、「精力善用国民体育の形」としてまとめられているが、これは嘉納治五郎の[[唐手]](現・[[空手]])研究からきているとされる<REF>儀間真謹・藤原稜三『対談近代空手道の歴史を語る』ベースボール・マガジン社、1986年、110、111参照。</REF>」の形で出典は示されているとはいえ、そもそも出典が一部の空手家の研究に基づく私論・私的主張に過ぎず、信頼性に足る根拠・資料ではない点を指摘します。--[[利用者:Bugei|Bugei]] 2012年1月13日 (金) 16:12 (UTC)
:「講道館の昇段試験文」は[[独自研究]]に書かれている「信頼できる資料」に該当しませんので、御主張を証明できる嘉納治五郎著作集からの引用など、信頼できる一次文献からの出典並びに明記をお願いします。あと、私が出典を明記している文章に対して、出典を示せていないのに一方的に「独自研究」を貼るのはおやめください。Wikipediaでの編集は出典を示せない文章は削除されても仕方がありませんので。--[[利用者:山元|山元]] 2012年1月13日 (金) 20:54 (UTC)
:出典元の『対談近代空手道の歴史を語る』の対談者の一人、儀間真謹氏は大正11年に講道館で唐手演武した当事者であり、その儀間氏が
:「'''儀間 それは実に熱心なものでした。嘉納治五郎先生が考案された『精力善用国民体育の形』をごらんになれば分かる通り、この形の中には、沖縄唐手術の技法が随所に用いられているのです'''」(110頁)
:と語っているわけですから、当該文献を「私論・私的主張」と言うことはできません。この著作は空手史研究においてはしばしば参考文献に挙げられる「信頼できる二次文献」です。それを信頼に足る資料ではないと貶めることはできません。--[[利用者:山元|山元]] 2012年1月13日 (金) 21:05 (UTC)
1,554

回編集