「柔道」の版間の差分

 
=== 当身技(あてみわざ) ===
当身技もしくは当技(あてわざ)とは、急所といわれる相手の生理的な弱点などを'''突く'''、'''打つ'''、'''蹴る'''などの技であり、試合や乱取りでは禁止されているが、[[柔道形|形]]の中で用いられる。
 
'''起源'''
 
当身技は、昭和に入って「精力善用国民体育の形」(単独動作・相対動作)として制定されたが、この形の制定理由について、嘉納治五郎は「私がこの国民体育を考察した理由は、一面に今日まで行われている柔道の形・乱取の欠陥を補おうとするにあるのだから、平素形・乱取を修行するものも、そこに留意してこの体育を研究もし、また実行もしなければならぬ」<ref name="r1">嘉納治五郎「精力善用国民体育と従来の形と乱取」『嘉納治五郎大系』第8巻 本の友社、1998年、214-219頁。</ref>(1931年)と述べ、従来の講道館柔道の練習稽古大系に当身技が欠けていたのを補おう目的があったと述べている。また、この形に使用されている当身技については、嘉納治五郎の[[唐手]](現・[[空手]])研究からきているとされる<ref>儀間真謹・藤原稜三『対談近代空手道の歴史を語る』ベースボール・マガジン社、1986年、110、111参照。</ref>。
 
{{和暦|1922}}5月、[[船越義珍]]が[[文部省]]主催の第一回体育展覧会に唐手を紹介するために上京してくると、同年6月、嘉納は船越を講道館に招待して、唐手演武を参観した。嘉納が唐手に興味をもったきっかけは、{{和暦|1908}}、沖縄県立中学校の生徒が京都武徳会青年大会において、武徳会の希望により唐手の型を披露としたときであったとされ、このとき「嘉納博士も片唾を呑んで注視してゐた」という<ref>『球陽』第18号、1909年、沖縄県公文書館所蔵。高宮城繁・仲本政博・新里勝彦『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、736頁参照。</ref>。
 
嘉納は、「乱取だけでは、当身の練習ができぬ」と述べ<ref name="r1" />、唐手にある当身技を研究して、その研究成果は精力善用国民体育の形としてまとめられた。
 
'''用いる部位'''
 
手刀、指頭、正拳、裏拳、渦巻(豊隆部)、掌底、肘、膝、セキ頭部、踵、足刀。
 
'''急所'''
 
天倒、霞、鳥兎、獨鈷、人中、三日月、松風、村雨、秘中、タン中、水月、雁下、明星、月影、電光、稲妻、臍下丹田、釣鐘(金的)、肘詰、伏兎、向骨。
 
==== 精力善用国民体育の形 ====
* 第二類:柔の形(突出、肩押、肩廻、切下し、片手捕、片手上、帯取、胸押、突上、両目突)。
 
==== 当所・急所 ====
'''当所(用いる部位'''
 
臂(うで):
*指先当(ゆびさきあて):突出、両眼突
*拳当(こぶしあて):斜当、横当、上当、突上、下突、後突、後隅突、突掛、横打、後打、打下
*手刀当(てがたなあて、手掌の小指側縁):切下、斜打
*肘当(ひじあて):後当
 
脚(あし):
*膝頭当(ひざがしらあて):前当
*蹠頭当(せきとうあて、足蹠の前端):斜蹴、前蹴、高蹴
*踵当(かかとあて):後蹴、横蹴
 
'''急所'''
 
天倒、霞、鳥兎、獨鈷、人中、三日月、松風、村雨、秘中、タン中、水月、雁下、明星、月影、電光、稲妻、臍下丹田、釣鐘(金的)、肘詰、伏兎、向骨。
 
当身技は形の中で教授されるが、現在では昇級・昇段審査においても行われる事が稀である為、柔道修行者でもその存在を知らない事も多く、また指導者も少ないのが現実である。
1,554

回編集