「建武中興十五社」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (改名を反映)
m
'''建武中興十五社'''(けんむちゅうこうじゅうごしゃ)とは、建武中興([[建武の新政]])に尽力した[[南朝 (日本)|南朝]]側の皇族・武将などを主祭神とする15の[[神社]]である。これらの神社は「建武中興十五社会」を結成している。
 
== 概要 ==
[[後醍醐天皇]]による建武の中興は、それまでの武家中心の社会を天皇中心の社会に戻そうとしたものであった。これは、[[明治維新]]によって[[江戸幕府]]から実権を取り戻し明治政府を樹立した[[明治天皇]]にとって意義深いものであり、明治以降、建武の中興に関った人々を祀る神社がその縁地などに作られた。
 
|[[北畠神社]]||[[北畠顕能]]公・北畠親房公・北畠顯家公||三重県津市||別格官幣社
|}
 
== 関連項目 ==
*[[太平記]]
*[[千種忠顕]]
*[[三木一草]]
 
 
[[Category:神社 (祭神・信仰別)|けんむちゆうこうしゆうこしや]]
9,311

回編集