「ベス・トルーマン」の版間の差分

m
→‎後年: +template
m (→‎後年: +template)
 
== 後年 ==
トルーマン一家は1953年にインディペンデンスに戻り、ノース・デラウェア街219にある自宅番地での生活を再開した。トルーマンは自らの図書館を建造し、回想録の執筆に取り組んだ。エリザベスは[[1959年]]に乳房切除手術を受ける。トルーマンは「彼女は、バスケットボール大の腫瘍を持っていた」と語り、エリザベスは死を覚悟したが、腫瘍は結局良性のものであった。
 
[[1972年]]の夫の死後、エリザベスは娘の[[マーガレット・トルーマン|マーガレット]]とその夫クリフトン・ダニエル、およびその4人の息子たちが訪れるのを楽しみにしながら静かに暮らした。彼女はミズーリ州上院議員[[トーマス・イーグルトン]]の再選運動の名誉会長になることに合意した。
 
エリザベスは1982年に死去し、ハリー・S・トルーマン図書館の庭にある夫の墓のそばに埋葬された。97歳で死去した彼女は最長命のファーストレディであり、その記録は未だ破られていない。彼女より長命であった大統領の親族は、1995年に104歳で死去したローズ・フィッツジェラルド・ケネディである。
 
{{先代次代|アメリカのファーストレディ|1945 - 1953|[[エレノア・ルーズベルト]]|[[マミー・アイゼンハワー]]}}
{{アメリカ合衆国のファーストレディ}}
 
{{デフォルトソート:とるまん へす}}
[[Category:アメリカ合衆国の大統領夫人]]
21,883

回編集