「パルテノン神殿 (ナッシュビル)」の版間の差分

原住民以外の白人による入植が1790年代初めに始まったテネシーは、ノースカロライナの西部地域として急速に発展し、1796年、南部において第16番目の州となった。その後、1840年代に古代ギリシヤ哲学やラテン語教育を取り入れる動きが高まり、1850年代までにはナッシュビルが[[通称|俗称]]として『南部のアテネ』と呼ばれるようになっていた。その影響下、州の100周年を記念するにあたり1897年(一年遅れの催事)の万博開催の際の中心的建築物とする目的でパルテノン神殿を建造した。万博のほとんどの建築物は古代建造物をベースに模造されていたが、このパルテノンは唯一学術研究のなされた正確な復元建造物である。ナイト・オブ・ピュティオスの建物は、万博の後に買収されテネシー州[[フランクリン (テネシー州)|フランクリン]]の郊外へ移されたが、世界中多くの人々がこれらの美しさを見に訪れている。
 
元々[[石膏]]、[[木]]、[[レンガ]]で作られたパルテノンは1920年に同じ[[コンクリート]]基盤で再建が開始さ、1925年に外装が完成し、1931年に内装が完成した。
 
== 近年の歴史 ==
匿名利用者