「総合型地域スポーツクラブなきじん」の版間の差分

 
 
===平成1211(2000)(1999)===
*今帰仁村立診療所の医師である石川清和所長が子供たちのスポーツ体験や発達に応じたプログラムを提供できないかという考えのもと、SCなきじん(矢貫明子代表)地域総合型クラブの前身である運動公園を活用した学校区を越えたスポーツ活動を非営利でスタートさせる。スタート時は天底小学校の児童が中心で30名ほどが参加(週2回のプログラム)
 
===平成13年(2001)===
 
 
===平成13年(2001)===
*今帰仁村運動公園にてクラブの開催する教室等にて施設使用料金を納める団体組織となる。
(利用料金を免除申請を行うのは障害者指導を行う際の指導員や補助員のみで施設料金は支払い、行政に運営負担をかけないという姿勢)
*第3回全国スポーツクラブ会議議in射水5月23・24日(富山県)にクラブ自費で1名参加。クラブパレット(石川県)に視察を行った。
 
::*9月28日に第1回沖縄県クラブ会議がおきなわネットの会の主催で開催され石垣・宮古島の離島からも含め40名の参加者がワークショップと健康づくり体験が行われた。
*平成21年度第1回沖縄県連絡協議会9月28日としてNPO法人ナスクが開催地となる
::健康づくり体験は全国SC協議会の初版パンフレットに掲載された
::石垣・宮古島の離島からも含め40名の参加者がワークショップと健康づくり体験が行われた。
 
*今年度から全国で初めて職員相互の実施クラブ間マネージャー交換研修プログラムをスタート
::ナスクのアシスタントクラブマネージャーが研修として石川県NPO法人クラブレッツに3週間派遣。
::石川県NPO法人クラブパレットのアシスタントクラブマネージャーをNPO法人ナスクに3週間の受け入れ
 
*教育委員会の文部科学省運動部活動等活性化推進研究事業の視察班として、ナスクスタッフが石川県クラブレッツ及び富山県おやべスポーツクラブに同行。
 
 
*SSF(笹川スポーツ財団)の助成事業であるウォータースポーツエイドに採択され小学生を対象としたジュニア・ライフセービングプログラム事業を実施しました。[http://www.ssf.or.jp/aid/h21_outline_intro4.html 笹川スポーツ財団の掲載記事]
 
 
===平成22年(2010)===
美ら島総体の開催
 
===平成23年(2011)===
*矢貫理事長が満期で交代し伊禮新理事長に
*沖縄県ディスクゴルフ協会発足、事務局機能を担う。
 
===平成24年(2012)===
*totoスポーツ振興くじ助成基盤整備事業が最終年度
 
===平成25年(2013)===
 
===平成26年(2014)===
 
===平成27年(2015)===
===平成28年(2016)===
===平成29年(2017)===
===平成30年(2018)===
===平成31年(2019)===
===平成32年(2020)===
 
===平成25年(2013)===
 
==外部リンク==
匿名利用者