「ゲンセンカン主人」の版間の差分

→‎映画化作品: 作品構成
(→‎映画化作品: 作品構成)
 
==映画化作品==
*『[[網走番外地 (東映)|網走番外地]]』などで知られる[[石井輝男]]監督が、[[1993年]]に『ゲンセンカン主人』のタイトルで映画化している。[[佐野史郎]]がつげをモデルにした津部役で主演し、表題作の他『[[李さん一家]]』『[[池袋百点会]]』など4話から成る[[オムニバス]]映画である。『李さん一家』の[[横山あきお]]、『池袋百点会』の[[岡田奈々]]など、キャストも原作のイメージにピッタリ重なるものだった。つげ義春夫婦が特別出演しているのも話題となった。なお、『ゲンセンカン主人』に登場する[[幟]]が立ち並び、[[ロウソク]]の燈るほの暗い浴場は、[[今神温泉]]をイメージしたものといわれる。
*この作品での印象的なシーンのほとんどが、伊豆で撮影された<ref>月刊『[[ガロ (雑誌)|ガロ]]』1993年8月号(「つげ義春」する!)</ref>。
 
=== 作品構成 ===
:第1章 [[李さん一家]]
:第2章 [[紅い花]]
:第3章 ゲンセンカン主人
:第4章 [[池袋百点会]]
 
==脚注==