「通信線路」の版間の差分

→‎使用される伝送路とその歴史: 無装荷ケーブルの話だけ前後に比べて詳しくなり過ぎるので松前重義#無装荷ケーブルに移動
(→‎使用される伝送路とその歴史: 無装荷ケーブルの話だけ前後に比べて詳しくなり過ぎるので松前重義#無装荷ケーブルに移動)
ただの電線ではその間のキャパシタンスが、長距離では無視できないものになった。これを補正するインダクタンス([[:en:loading coil]])を伝送線路に付加することを[[オリヴァー・ヘヴィサイド]]が提案した。そのようなインダクタンスを付加したケーブルを指して「装荷ケーブル」と言った。これにより通信距離が伸びた。
 
装荷ケーブルは、しかし、伝送帯域が狭く、遅延時間が大きく、信号の反射があり、信号が歪むものであった。1932年3月[[松前重義]]が、による『無装荷ケーブルを使用する提案』という論文でにより特性補正機能を持った[[増幅回路|増幅器]]を使用すれば、[[遮断周波数]]が無く広帯域で[[多重化]]回線数を多くでき、反響現象・位相歪等がなく経済的な長距離伝送が無装荷ケーブルで可能であによと提案した(しばしば「松前の無装荷ケーブル」と言及されるが、無装荷ケーブルそのもの自体の発明ではなく、無装荷ケーブルを利用した高性能で経済的な長距離伝送可能とするシステム、特にそのような特を持った補正増幅器肝であることに注意)。同年に小山・宇都宮間でこ示さによる多た([[松前電話伝送の実験が行われた。そして、世界初の長距離義#無装荷ケーブル架設工事が東京~ハルピン間で[[1935年]]に開始され[[1937年]]に完了したを参照)
 
やがて、[[同軸ケーブル]]・[[導波管]]がさらなる多重化の可能なものとして使用されるようになった。