「ATPアーゼ」の版間の差分

m (robot Adding: lt)
**P型ATPアーゼ:[[陽イオン]]の[[対向輸送]]および物質の[[共輸送]]に関係
 
*'''[[ABC輸送体 ATPアーゼ]]''':細胞への物質取り込みおよび排出
**トランスポーター型ABCタンパク質:有害物質の能動輸送
**チャネル型ABCタンパク質:イオンの[[促進拡散]]
**レセプター型ABCタンパク質:ATP、ADP濃度感受および[[シグナル伝達]]
**DNA結合型ABCタンパク質([[SMCタンパク質]]):[[染色体]]の凝縮、結合、修復等
 
*'''AAA ATPアーゼ''':タンパク質の[[細胞内小器官]]への輸送に関係('''[[プロテインキネシス]]''')
全てがイオン濃度勾配を用いてATP合成および逆反応のATP加水分解に伴うイオン濃度勾配の形成が可能である。しかしながら、'''ATP合成酵素として用いられているのはF型およびA型のみである'''。
 
===ABC輸送体 ATPアーゼ===
ABCとは'''A'''TP '''B'''inding '''C'''assetteの略称である。全てが4つのサブユニットか機能[[ドメイン]]を所持しており、ATP結合部位はこのATPアーゼに限って高度に保存されている。
 
匿名利用者