「オーシャン・ウェイ・レコーディング」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''オーシャン・ウェイ・レコーディング''' {{lang|en|(Ocean Way Recording)}} は、[[カリフォルニア州]][[ハリウッド]]と[[テネシー州]]にある[[録音スタジオ]]の系列名である。これまでここでレコーディングされたアルバムが数々の音楽賞を獲得していることで、[[音楽産業|レコーディング業界]]では名の知られたスタジオである<ref>http://www.oceanwayrecording.com/about-awards.php</ref>。
 
1952年に建設された身のユナイテッド・ウェスタン・スタジオは、[[レイ・チャールズ]]版の「[[愛さずにはいられない]]」や、[[ザ・ビーチ・ボーイズ]]の「[[グッド・ヴァイブレーション]]」、[[フランク・シナトラ]]の「イット・ワズ・ア・ベリー・グッド・イヤー」、[[ママス&パパス]]の「[[夢のカリフォルニア]]」など、1960年代から1970年代にかけて多くのメジャー作をレコーディングした。[[ビル・パトナム]]がスタジオの最初のオーナーであった。1985年にアレン・サイズがパトナムよりスタジオを買い取り、オーシャン・ウェイ・レコーディングへと改称した。1999年に元々サンセット通り6000に建てられていたスタジオ施設はチェロ・レコーディング・スタジオに売却されるが、サイズは隣りのサンセット通り6050の建物を保有していた<ref>http://www.oceanwayrecording.com/about-history.php</ref>。
 
その後、2つのスタジオ(1988年にシャーマンオークスの[[レコード・ワン]]、1997年に[[ミュージック・ロウ]]でオープンした[[オーシャン・ウェイ/ナッシュビル]])がオーシャン・ウェイ・ファミリーに加わった。オーシャン・ウェイのナッシュビルの施設は、後に[[ベルモント大学]]に売却された。オーシャン・ウェイ・レコーディングは現在ハリウッドとシャーマンオークスの2つの拠点でビジネスを展開している。オーシャン・ウェイ・オーディオは高級モニター・スピーカーを製造販売している。[[スティーヴン・ミラー]]とパートナーシップを組んでいるオーシャン・ウェイ・ドラムスはプラグイン音源を製作している。