メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
|nativename=
|familycolor=yellowgreen
|states={{CHN}}・[[モンゴル国]]、[[中国自治区]]<br />{{MNG}}
|region=東アジア
|speakers=
|rank=-
|fam1=[[アルタイ諸言語]]
&nbsp;チャハル・モンゴル語
|nationfam2=[[中国]]、[[モンゴル諸語]]
&nbsp;チャハル・|fam3=東部モンゴル語
|nation={{CHN}}・[[内モンゴル自治区]]
|agency=-
|iso1=なし
|iso2=
|iso3=mvf
|sil=mvfMVF}}
 
'''チャハル・モンゴル語'''は [[モンゴル語]]の方言の一つで、話者は多く[[中華人民共和国]]の[[内蒙古自治区]]に在住する。
 
[[モンゴル国]]ではハルハ・モンゴル語が標準語とされているが、中国ではこの方言がモンゴル語の標準語となっている。[[国際SIL|SIL]]では'''周辺モンゴル語'''([[英語]]:''Peripheral Mongolian'',[[ISO 639-3|ISO 639-3コード]]:{{SIL|[http://www.sil.org/iso639-3/documentation.asp?id=mvf}} mvf])と定義付けされているが、中国国内のモンゴル語三大方言の一つであり、地理分布が最も広い方言である。[[内蒙古自治区|内蒙古自治区人民政府]]は[[1980年]][[3月31日]]に《モンゴル語基礎方言標準音とモンゴル語の書き表し方》を発表し、内蒙古自治区の[[シリンゴル盟]][[正藍旗]]の発音を[[チャハル・モンゴル語]]として中国におけるモンゴル語の共通語とした。
[[モンゴル国]]ではハルハ・モンゴル語が標準語とされているが、中国ではこの方言がモンゴル語の標準語となっている。
[[SIL]]では''周辺モンゴル語'''([[英語]]:''Peripheral Mongolian'',[[ISO 639-3|ISO 639-3コード]]:{{SIL|mvf}})と定義付けされているが、中国国内のモンゴル語三大方言の一つであり、地理分布が最も広い方言である。[[内蒙古自治区|内蒙古自治区人民政府]]は[[1980年]][[3月31日]]に《モンゴル語基礎方言標準音とモンゴル語の書き表し方》を発表し、内蒙古自治区の[[シリンゴル盟]][[正藍旗]]の発音を[[チャハル・モンゴル語]]として中国におけるモンゴル語の共通語とした。
以下では特に断りの無い限り正藍旗の標準チャハル方言について記述する。
 
9,918

回編集