「片岡仁左衛門 (11代目)」の版間の差分

m (→‎芸風: typo)
 
==人物==
天才肌の名人だったが、個性が強い上に気性が激しく、[[市川團十郎 (9代目)|九代目市川團十郎]]や鴈治郎と衝突を度々くり返した当時の歌舞伎界でも指折りの問題児でもあった。たとえば、團十郎の態度が癪にさわると、團十郎の前で傘を開いて[[助六]]の見得を切る(『助六』は市川宗家の[[お家芸]])。相方の口跡が気に入らないと、嫌みに台本を手に舞台に上がる。舞台に不要な物でも落ちていようものなら、これ見よがしにゴミ拾いをしながら舞台をつとめた。『熊谷陣屋』の弥陀六では、上手から刀を投げて舞台に出なければいけないのに、邪魔な奴が立っていると言ってはわざわざ下手から出て芝居をぶちこわす。『[[国性爺合戦]]・紅流し』の和藤内では、片足をかける橋の欄干の高さが気に入らないと言っては化粧を落として帰宅する。こうした逸話には枚挙に暇がない。その気性の激しさは晩年になっても相変わらずで、1927年には、若手俳優たちの稽古中に「踊りが下手だ」とある有望株の若手俳優の顔面を真剣で殴打するという一件を起こし、その俳優はこれも一因となって程なく歌舞伎界と縁を切り映画界に転じてしまう結果になった。また、この一件を目撃していた若手俳優の中でも嵐徳太郎は、「いくら才能があっても門閥如何では出世できないのか」とショックを受け、これまた歌舞伎役者を続ける意欲を無くして程なく映画界に転じてしまった。この真剣で殴打されたある若手俳優とは後の[[片岡千恵蔵]]であり、嵐徳太郎は後の[[嵐寛寿郎]]である。すなわち、良くも悪くも後の2名の昭和の[[剣戟映画]]の大スターに、歌舞伎の世界を捨てさせるきっかけを作った人物でもある
 
<!--[[市川團十郎 (9代目)|九代目市川團十郎]]が関西で芝居を行った際、上方の主だった役者が團十郎に同座する中、仁左衛門だけは同座せず、一人、無人芝居に加わり、劇場の前で「大敵とて恐るるなかれ。小敵とて侮るなかれ」と大書した幟を立てて、士気を鼓舞するなど、負けず嫌いな面もあれば、-->そうした反面、立場の弱い者には損得勘定抜きで援助するという義侠心に富む面もあり、父に死に別れた[[實川延若 (2代目)|二代目實川延若]]や[[澤村宗十郎 (7代目)|七代目澤村宗十郎]]に特に目を、鍛えて引き立てて大成させたのも十一代目の功績である。
 
[[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目片岡仁左衛門]]は、その著書『仁左衛門楽我記』の中で次のように述懐している:「あれは父のなくなる前の年でしたか、父が近々引退するらしいと言ううわさがたったことがありました。それを大阪で聞いたおじさん(初代鴈治郎)は、(中略)すぐその足で明舟町の家へ来られ『引退するてほんまか。引退なんかしたらあかん。体もよわるし、今からやめてどうするのや。もっともっと働いてくれな、どもならん』とまるで怒っているような語気で父に説いていられた姿が、今もまぶたに残っています。『せえへん、せえへん』と笑いながら答える父に、やっと安どしたように四方山の話をして、定宿の築地の細川に帰られたのは十時近かったと思います」(昭和57年、三月書房)
匿名利用者