「小正月」の版間の差分

複数の問題、Japan-culture-stub
(複数の問題、Japan-culture-stub)
{{Otheruses|日本の小正月|中華圏の風習|元宵節}}
{{複数の問題
'''小正月'''(こしょうがつ)とは、正月の望の日(満月の日、[[1月15日 (旧暦)|旧暦1月15日]])(または元日から1月15日まで)のこと。現在は新暦[[1月15日]]に行われる場合もある。[[元日]](または元日から[[1月7日]]まで)を大正月と呼ぶのに対してこのように呼ぶ。中国式の[[太陰太陽暦]]が導入される以前、[[望]]の日を月初としていたことの名残りと考えられている<ref> 「年中行事事典」p305 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 [[西角井正慶]]編 東京堂出版</ref>。この小正月までが[[松の内]]であったものが江戸時代に1月7日の[[大正月]]までとされたが、[[近畿地方]]では現在でも1月15日までが「松の内」とされる事が多い。
| 出典の明記 = 2012-1
| Wikify = 2012-1
| Cleanup = 2012-1
}}
'''小正月'''(こしょうがつ)とは、正月の望の日(満月の日、[[1月15日 (旧暦)|旧暦1月15日]])(または元日から1月15日まで)のこと。現在は新暦[[1月15日]]に行われる場合もある。[[元日]](または元日から[[1月7日]]まで)を大正月と呼ぶのに対してこのように呼ぶ。中国式の[[太陰太陽暦]]が導入される以前、[[望]]の日を月初としていたことの名残りと考えられている<ref>{{cite encyclopedia|encyclopedia=年中行事事典」p305 |page=305|date=1958年(昭和33年)5月-5-23|edition=版発行 |editors=[[西角井正慶]]編 |publisher=東京堂出版|oclc=29965492|isbn=4490100167}}</ref>。この小正月までが[[松の内]]であったものが江戸時代に1月7日の[[大正月]]までとされたが、[[近畿地方]]では現在でも1月15日までが「松の内」とされる事が多い。
 
この日の朝には[[小豆粥]]を食べる習慣があった。古くは『[[土佐日記]]』や『[[枕草子]]』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されている。現在でも[[東北地方]]の農村などに、[[左義長]]の前に小豆粥を食べる習慣が残っている地域がある。これらの地域では、元日から小正月の期間中に小豆(あるいは、獣肉を含む赤い色をした食品全般)を食することが禁忌とされている場合が多い。
 
== 関連項目 ==
{{ウィキプロジェクトリンク|日本文化}}
*[[左義長]]
*[[成り木責め]]
*[[小豆粥]]
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references />
{{Reflist}}
 
 
[[Category:1月]]
[[Category:旧暦1月]]
{{Japan-culture-stub}}
 
[[cdo:Nguòng-siĕu-cáik]]
匿名利用者