「円記号」の版間の差分

中国の円記号の線に関する叙述を訂正:中国にも2本の円記号が使用されている(中国語版にその写真がある)
(cleanup)
(中国の円記号の線に関する叙述を訂正:中国にも2本の円記号が使用されている(中国語版にその写真がある))
[[Image:receipt_JPY.jpg|thumb|240px|領収書に書かれた円記号]]
 
一方、[[中国]]では本来の通貨単位である'''「[[圓]]」'''を、[[貨幣]]を表すにふさわしい・[[筆画|画数]]が少ない等の理由から、[[同音異字]]の'''「元」'''に代替した。双方、[[ピンイン]]で'''「Yuan」'''と綴り、この頭文字に横線を1本または2本加えた記号'''「{{Lang|zh|}}」'''を[[漢字]]と同じ[[マルチバイト文字|2バイト文字]]として用意し、コンピュータ用の[[文字集合]][[GB 2312]]に採用した結果、徐々に実社会でも普及した。
 
このように、日中両国で普及した記号は本来[[字体]]が異なるが、[[Unicode]]で[[CJK統合漢字]]を定めた際に、この異なる記号をひとつのコード位置にまとめ、[[フォント]]の違いで使い分けるという対応がなされた。
 
{{節stub}}
 
== 中国における用法 ==
[[Image:Yuan sign single.svg|thumb|75px|人民元の[[通貨横線が1本加えた円記号]]]]
数字の前につけることにより〜元という意味になる。
 
:{{Lang|zh|¥}}200(200:¥200(200元)
 
日本円と特に区別したい場合は、CN{{Lang|zh|¥}}またはRMB{{Lang|zh|¥}}(人民幣元、Renminbi Yuanの略)と書くことも行われる。
 
== コンピュータにおける円記号の扱い ==
331

回編集