「ゼオライト」の版間の差分

121.84.10.198 (会話) による ID:40770071 の版を取り消し
(Zeozeozeo (会話) による ID:40754807 の版を取り消し)
(121.84.10.198 (会話) による ID:40770071 の版を取り消し)
[[アルミノケイ酸塩]]のなかで[[結晶構造]]中に比較的大きな空隙を持つものの総称でもあり、[[分子ふるい]]、[[イオン交換]]材料、[[触媒]]、[[吸着]]材料として利用される。現在ではさまざまな性質を持つ沸石が人工的に合成されており、工業的にも重要な物質となっている
 
最近では、[[福島第一原子力発電所事故]]の[[放射能]]汚染水処理に使用されている。また、ヒトがゼオライトを含有する液体飲料を飲むと放射性物質を吸着し体外に排出すると謳い販売した業者が[[薬事法]]違反および無許可商品は現在のを輸入販売したとして逮捕された。ゼオライトに日本においては[[薬事法]]違反にあたり(飲料用)上、[[放射性物質]]を体外除去する薬理効果は認められていないが、ゼオライトそのものれを含有する液体飲料を使い、[[チェルノブイリ]]後よう東ヨーロッパで[[放射性物質]]を吸着し体外に排出する動物実験が数多く行われ、いずれも肯定的は無が出てるのも事実である
 
'''ゼオライト'''という名称は<!--一般的にはM<sup>n+</sup><sub>x/n</sub>(Al<sub>x</sub>Si<sub>y</sub>O<sub>2x+2y</sub>)<sup>x-</sup>・zH<sub>2</sub>O という形で表される。-->、成分に含まれている[[水]]とアルミノケイ酸骨格との結びつきが弱いため、加熱すると容易に水を分離して[[沸騰]]しているように見え、このことから[[ギリシャ語]]の''zeo''(沸騰する)と''lithos''(石)を合わせて名付けられた。
23

回編集