「下顎骨」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
下顎体は[[蹄鉄]]のように曲がっている。
 
下顎骨の外側面は、発生の初期に二つの骨が結合したことによって生じる弱い隆起がある(下顎骨は元々二つの骨なのが[[癒合]]して一つとなる<ref name="mori89">[[#森|森ら]], p.89</ref>)。この隆起は下で別れ、三角形のオトガイ隆起を取り囲む。ちょうど切歯の下の部分にある結合の横には窪みがあり、これを切歯窩といい、[[オトガイ筋]]や、[[口輪筋]]の一部の起始となる。両側の[[下顎第二小臼歯]]の下、下顎体の上下の中間に、[[オトガイ動脈]]、[[オトガイ静脈]]、[[オトガイ神経]]が出る[[オトガイ孔]]がある。両側のオトガイ結節から後上方へ弱い隆起が走る。これを斜線といい、[[下唇下制筋]]や[[口角下制筋]]の起始となる。その下部は[[広頚筋]]の起始となる。
 
内側面は左右に凹面である。結合の下部近くに、一組の左右に並んだ棘があり、これをオトガイ舌筋棘と言い、[[オトガイ舌筋]]の起始となる<ref name="mori91">[[#森|森ら]], p.91</ref>。このすぐ下に二組目の棘があり、これをオトガイ舌骨筋棘といい、[[オトガイ舌骨筋]]の起始となる<ref name="mori91" />。ただし、オトガイ舌骨筋棘は、正中にできる隆線や痕跡である事が多く、オトガイ舌筋棘も融合していたり、存在せず、粗面となっていたりする事もある。オトガイ舌筋棘の上の正中に、孔や溝が存在することがある。これらは骨が結合したラインを示す。オトガイ舌筋棘の下の正中線の両側は[[顎二腹筋]]前腹のために楕円形の窩がある。これを二腹筋窩という<ref name="mori91" />。両側の癒合部下部から後上方へ伸びているのは顎舌骨筋線で、[[顎舌骨筋]]の起始となっている。顎舌骨筋線の後部の部分は歯槽縁の近くで、[[上咽頭収縮筋]]の一部の起始となっており、翼突下顎縫線へと続く。顎舌骨筋線前部の上方には滑らかな三角形の区画があり、これを舌下腺窩といい、そこに[[舌下腺]]が入り、後部の下方には楕円形の顎下腺窩があり、[[顎下腺]]が入る。
 
上部の歯槽隆起では、歯を入れるための大きな穴があいている。穴の数は十六で、深さや大きさは入る歯のサイズによって異なっている。両側の[[下顎第一大臼歯]]の有る付近の歯槽隆起には[[頬筋]]が起始する。下縁は丸みを帯びており、上縁より長く、正面は後方よりも厚い。下顎体と下顎枝の連結部の下部に外側の[[顎動脈]]のための浅い溝がある事もある。
Image:Mandibule.jpg|ヒトの下顎骨。側面から見た図。
</gallery>
 
== 脚注 ==
<references/>
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author=原著 [[森於菟]] 改訂 [[森富]] |title=分担解剖学1 |edition=第11版第20刷 |date=2000-11-20 |publisher=[[金原出版]] |location=[[東京都]][[文京区]] |isbn=4-307-90021-0 |pages=19-172 |chapter=骨学|ref=森}}
 
== 関連項目 ==
35,118

回編集