「シリキウス (ローマ教皇)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: sl:Papež Siricij)
m
'''シリキウス'''(Siricius, ? - [[399年]][[11月26日]])は、第38代[[教皇|ローマ教皇]](在位:384年12月11日 - 399年11月26日)。
 
382年に[[古代ローマ]]の[[最高神祇官]]に、司祭として初めて任じられた(後に[[ローマ皇帝]][[グラティアヌス]]によって職を解かれた)。384年には、[[対立教皇]][[ウルシヌス (対立教皇)|ウルシヌス]]との選挙に勝って満場一致でローマ教皇に選出された。「教皇」という称号を名乗った初めての人物であり、[[教皇教令]]を発した初めての教皇でもあった。最初の教皇教令は[[ヒスパニア]]の[[タラゴナ県|タラゴナ]]の[[司祭]]に対するものだった。さらに聖職者の非婚に関する2つの教令を出した。
 
異端の同僚司祭に迫害されたヒスパニアの禁欲的な[[プリスキリアヌス派]]の司祭が[[西ローマ帝国]]の皇帝[[マグヌス・マクシムス]]によって[[魔術]]を行った罪で処刑された時、シリキウスは[[ミラノ]]の司教[[アンブロジウス]]と[[トゥールのマルティヌス]]を伴って、この判決に異議を唱えた。
22,737

回編集