「ガッリエヌス」の版間の差分

テンプレート付加
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ka:გალიენუსი)
(テンプレート付加)
[[画像:Gallienus bust.jpg|200px|thumb|right|ガッリエヌスの頭像]]
'''プブリウス・リキニウス・エグナティウス・ガッリエヌス'''({{lang-la|'''Publius Licinius Egnatius Gallienus'''}}, [[218年]]頃 - [[268年]])は、[[軍人皇帝時代]]時代の[[ローマ帝国]]の[[皇帝]](共同皇帝としての在位:[[253年]] - [[260年]]、単独では[[260年]] - [[268年]])。父親の[[ウァレリアヌス]]と共に、[[エトルリア]]の血を引いていたという。
<!-->[[デキウス]]・[[トレボニアヌス]]・ウァレリアヌス・ガッリエヌスは、みなエトルリアの血を引いており、その事による結び付きがあったという説がある。{{要出典}}<-->
 
==生涯==
[[253年]]に父ウァレリアヌスと共に共同皇帝として即位し、ウァレリアヌスは帝国東部の戦線を、ガッリエヌスは帝国西部の戦線を担当することになった。
 
[[256年]]、[[サーサーン朝]](ペルシア)皇帝[[シャープール1世]]が、ローマ帝国領[[カッパドキア]]に侵攻。ウァレリアヌス率いるローマ軍は、[[259年]]に[[シリア属州]]の[[アンティオキア]]に到着する。ここを前線基地として、ペルシアとの戦いが開始された。ところが、父である皇帝[[ウァレリアヌス]]が[[259年]]に[[エデッサの戦い]]に敗れてペルシアに捕らえられたことにより、共同皇帝から単独皇帝に登位した。
{{Commonscat|Gallienus}}
*[[3世紀の危機]]
*[[軍人皇帝時代]]
*[[ナイススの戦い]]
 
{{ローマ皇帝}}
{{先代次代|[[ローマ皇帝一覧|ローマ皇帝]]|34代<br>[[253年]] - [[268年]]|[[ウァレリアヌス]]|[[クラウディウス・ゴティクス]]}}
 
{{DEFAULTSORT:かつりえぬす}}
 
[[Category:3世紀の古代ローマ人]]
[[Category:リキニウス氏族]]
[[Category:暗殺された人物]]
[[Category:218年生]]
[[Category:268年没]]
[[Category:暗殺された人物]]
{{Link FA|fi}}