「バシリスクス」の版間の差分

テンプレート付加、本文改変
(テンプレート付加、本文改変)
{{otheruses|東ローマ帝国皇帝|その他のバシリスクス|バジリスク (曖昧さ回避)}}
[[画像:Solidus Basiliscus-RIC 1003.jpg|thumb|300px|バシリスクスが印された硬貨]]
 
'''バシリスクス'''(生没年不詳)は、[[東ローマ帝国]]の対立[[皇帝]](在位:[[475年]] - [[476年]])。
[[レオ2世 (東ローマ皇帝)|レオ2世]]が7歳で夭折した後、皇位はその実父にあたる[[ゼノン (東ローマ皇帝)|ゼノン]]が継ぐこととなった。ところが、ゼノンは惰弱な人物であったため、その皇位を狙う者も少なくなかった。そして、ゼノンが皇位に即位してから1年足らずの475年、反乱が起こってゼノンは皇位を追われ、ゼノンの義母にあたる[[ウェリーナ]](ゼノンの妻[[アリアドネ]]の実母)の弟にあたるバシリスクスが[[皇帝]](対立皇帝)として即位することとなった。
 
しかし、バシリスクスは[[レオ1世 (東ローマ皇帝)|レオ1世]]の下で[[ヴァンダル王国]]に海戦で挑んで惨敗した時の司令官であり、能力も人望も無かった。翌476年、故郷である[[小アジア]]南部の[[イサウリア]]に追放されていたゼノンが[[コンスタンティノポリス]]に進軍してくると、帝位を追われ、ゼノンが皇帝として復位したのである
 
 
{{先代次代|[[東ローマ帝国の皇帝一覧#レオ朝|東ローマ皇帝]]|475年 - 476年|[[ゼノン (東ローマ皇帝)|ゼノン]]|ゼノン}}
 
{{東ローマ皇帝}}
[[Category:東ローマ皇帝|はしりすくす]]
 
12,157

回編集