「リチャード・P・ファインマン」の版間の差分

 
== ファインマンをめぐる逸話 ==
*ファインマンが生まれる前、父親は母親に向かって「もし男の子が生まれたら必ず科学者になるぞ」と予言した。ただメルヴィルの娘、ジョーン・ファインマンもシラキューズ大学にて固体物理学の学位を取得。実兄リチャードと同じ物理学博士の道に進んでいる。ちなみに知能検査はジョーンIQ124に対してリチャードはIQ123であった。ジョーン4歳児、深夜兄に連れ出され見せられたオーロラに感動して学位論文は「ダイヤモンド型格子構造の結晶中の赤外線吸収について」。見栄と自慢がしたいがためだけに先回りして答えを披露する兄の狡猾なやり口を危惧したジョーンは「宇宙を半分に分けるとして、オーロラは私の分野」(介入するな)と兄に念を押しておいた
*父親は「身分」なんぞというものに決して頭を下げないという考え方があった。このため、法王だろうが皆と同じ人間であり「違うところは着ているものだけさ」とファインマンに言い聞かせていた。また、父親はセールスマンではあったが、人間は嘘をつくよりも正直でいた方が結局は成功するという信念があり、これらの考え方はファインマンが受け継ぐようになる。
*また父親は物理や科学の知識を持っていたわけではないのだが、子供の「なぜ?」という質問に対して説得力のある説明を与えることが得意だった。後にファインマンは「"本当にわかった"と思うのは、物事に二通り以上の説明ができた時だ」と語り、自身優れて分かりやすい説明能力で人気を集めたが、こうした姿勢も父親から受け継いだものである。
*[[兵役]]に就く際に行われた[[精神鑑定]]の結果、「精神異常」のため不採用になった。これは彼が元々精神科医というものが嫌いで、鑑定医の質問に少々いたずら心を持って応対したためと思われた。が、後日いたずらを懺悔する文を提出したところ、「健康不良」のため不採用となった<ref>R. P. Feynman and R. Leighton, "Uncle Sam Doesn't Want YOU!," Classic Feynman, p.172-179, 2006.</ref>。
*ノーベル賞受賞の知らせの電話が朝の3時半前後にかかってきたため、頭にきて賞を受けるかどうかも言わず、すぐに電話を切ってしまった。その直後から次から次へと電話がかかってきてうんざりし、ノーベル賞を受けなければこんな目に遭わずに済むのかと考えて受賞を断ろうと考えたが、断った方が余計ことが大きくなると『Time』誌の記者に諭されて、受け取ることにした<ref>R. P. Feynman and R. Leighton, "Alfred Nobel's Other Mistake," Classic Feynman, p.339, 2006.</ref>。
*コーネル大学の教授時代、原爆開発の反動で研究意欲を失っていた。その間も来るいろいろな研究所や大学からのオファーにストレスを感じていたが、あるとき「自分は遊びながら物理をやっていこう」と決心した。その頃たまたまカフェテリアで男が皿を投げ上げているのを見て、皿が回転するときは横に揺れている事に気づき、その運動を解明するために、皿を構成する質点の運動をすべて計算するなど純粋に好奇心から計算を行った。そのときは全く意味がなく、ただの「遊び」でニュートンの法則けでその事象の計算を行い証明し。その計算をベーテに披露するも「それ何の役に立つんだ?」と訝られ「だけど面白いだろう?」と答えるとベーテも得心した様子だったという、結果としてその理論によってノーベル賞を受賞することになる。
*カリフォルニア工科大学の同僚であった[[マレー・ゲルマン]]とは強力なライバル関係にあった。ゲルマンが命名した[[クォーク]]のことをファインマンは「パートン」(部分子)と呼び、「ファインマン・ダイアグラム」のことをゲルマンは「[[エルンスト・シュテュッケルベルク|ステュッケルベルク]]図」と呼んでいた。
*[[シカゴ大学]]で研究所の所長を務めていた[[エンリコ・フェルミ]]が他界した後、その後任として就任の要請が来たが、カリフォルニア工科大学の環境の良さを気に入っていた為に待遇も聞かずに断った。後日にその給料が知人から知らされたが、その高さに驚き、逆に断ってよかったと懐古している<ref>R. P. Feynman and R. Leighton, "An Offer You Must Refuse," Classic Feynman, p.246-247, 2006.</ref>。
匿名利用者