「ドリア」の版間の差分

デジタル大辞泉
(デジタル大辞泉)
'''ドリア''' (Doria) は、[[米]]を使った[[料理]]のひとつ。[[ピラフ]]など米飯の上にベシャメルソース([[ホワイトソース]])をかけて[[オーブン]]で焼いた料理<ref>{{cite encyclopedia |year= |title =ドリア |encyclopedia=デジタル大辞泉 |publisher=JapanKnowledge(Yahoo!辞書) |url=http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2&dtype=0&dname=0na&stype=0|accessdate=2012-01-17 |id= }}</ref>
 
== 概要 ==
[[1926年]]に開業した[[ホテルニューグランド|横浜ホテルニューグランド]]の初代総料理長、[[サリー・ワイル]]が創作した料理。米飯に芝エビのクリーム煮をのせ、チーズをかけてオーブンで焼き上げたものが現在のドリアの始まり。
 
このドリアとは別に、[[イタリア]]の貴族・ドリア一族のために[[パリ]]のレストランが創作した、イタリア国旗の三色にちなんで[[トマト]]、[[キュウリ]]、[[鶏卵]]などの材料を使って作られた料理もあり、フランス料理では通常「ドリア風」といった場合、キュウリを添えることを意味する。
 
== 参考文献 ==
*{{Cite book |和書 |author=高橋清一 |authorlink= |coauthors= |year=2005 |title=横浜流―すべてはここから始まった』高橋清一著  |publisher=東京新聞出版局 2005年 ISBN |location= |page= |oclc=170029418|id= |isbn=4808308347 }}
*{{Cite book |和書 |author=Georges Auguste Escoffier |authorlink= ||translator=角田明 |year=1969 |title=エスコフィエフランス料理 |publisher=柴田書店 |location= |page=|oclc=703794136 |id= |isbn= }}
*『エスコフィエフランス料理』Georges Auguste Escoffier著/角田明訳 [[柴田書店]] 1969年
 
== 関連項目 ==
* [[グラタン]]
 
==脚注==
{{food-stub}}
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
{{DEFAULTSORT:とりあ}}
[[Category:米料理]]
[[Category:洋食]]
[[Category:1926年の日本‎]]
{{food-stub}}
匿名利用者