「葛城烏那羅」の版間の差分

編集の要約なし
(系譜)
5世紀頃に勢力を有した[[葛城氏]]の末裔。系譜ははっきりしないが、[[葛城葦田宿禰]]の子である蟻([[顕宗天皇]]の外祖父)の後裔とする系図がある<ref>中田憲信『皇胤志』(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)</ref>。
 
[[蘇我馬子]]が[[物部守屋]]を討った際、[[泊瀬部皇子(後の[[崇峻天皇]]・厩戸皇子らとともに参陣した。崇峻天皇4年([[590年]])11月[[新羅]]討伐大将軍の一人として諸氏の臣・連を率いて稗将部隊2万余を領し、[[筑紫国|筑紫]]に在陣した(ただし実際に渡海はしていない)
[[崇峻天皇]]4年([[590年]])11月[[新羅]]討伐大将軍の一人として諸氏の臣・連を率いて稗将部隊2万余を領し、[[筑紫]]に在陣した(ただし実際に渡海はしていない)。
 
厩戸皇子が[[伊予国]]の温泉(いよのゆ、現在の[[道後温泉]]か)に行啓した折には、同じく側近の僧・[[恵慈]]とともに同行した。