「正弦定理」の版間の差分

範囲を明確に
(出典の明記、スタブ展開)
(範囲を明確に)
{{出典の明記|date=2012年1月}}
'''正弦定理'''(せいげんていり、''law of sines'')とは三角形の内角の[[正弦]](サイン)とその対辺の長さの関係を示したものである。'''正弦法則'''ともいう。多くの場合、平面[[三角法]]における定理をさすが、球面三角法などでも類似の定理が知られており、同じように正弦定理と呼ばれている。