「鋳掛屋」の版間の差分

m
68.5.182.46 (会話) による版を SilvonenBot による版へ巻き戻し
m (68.5.182.46 (会話) による版を SilvonenBot による版へ巻き戻し)
''斜体文''{{otheruses|職業の「鋳掛屋」|落語の「いかけ屋」|いかけ屋}}
 
'''鋳掛屋'''(いかけや)とは、[[鋳掛]]を行う[[職人]]を指す。[[画像:ikakeya-1.jpg|frame|鋳鐵師。「[[守貞漫稿]]」より]]
 
[[鋳造]]''された''[[鍋]]、[[釜]]などの[[鋳物]]製品の修理を行う職業。鋳かけ、または鋳鐵師との表記もされる。
 
[[江戸時代]]から[[昭和]]期にかけての家財道具である鍋、釜は鋳造によって作られていたが、当時の鋳造技術では鬆(ス)が入りやすく、またひび割れ等により穴が開くことがあった。その一方、「月夜に釜を抜かれる」といったことわざにみられるように、鍋釜は泥棒が真っ先に狙うほどの大変な貴重品であった。従って穴が開いたとしても容易に捨てたり買い換えたりするわけにいかず、修理しながら使っていたのである。その修理業者が鋳掛屋である。
:”銅鐵の鍋釜の破損を修補す、ふいごを携え来たりて即時に之為す。其の扮(見た目)三都(江戸・京都・大阪)相似たり”
 
町中や村々を呼び巡り、''声をかけられたら仕''事をした。右図の鋳掛屋は、道具箱にちゃんとふいごを持参しており、融点の低い[[鋳鉄]]で鋳造された当時の鍋・釜を直すために鋳鉄片を溶融しうるだけの熱量は、これぐらいの装備でも確保できていたのだろう。
 
語源は金属を「鋳て」(溶かして)「かける」から「いかけや」である。
17,406

回編集