メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{Medical}}
'''チェーンストークス呼吸'''(チェーンストークスこきゅう、{{lang-en-short|Cheyne-Stokes respiration}})とは一回換気量がしだいに増加し、次いで、しだいに一回換気量が減少する[[呼吸]]が繰り返される状態。'''交代性無呼吸'''とも呼ばれる。[[呼吸中枢]]の[[低酸素症]]([[脳出血]]、[[脳梗塞]])、動脈血循環の不良、[[低酸素血症]]のいずれかが原因となる。[[中枢神経系]]の異常、[[うっ血性心不全]]、重度の腎臓疾患、[[肺炎]][[中毒]][[全身麻酔]][[乏血]][[失神]]、瀕死時などに認められる。名前の由来は発見者である[[イギリス]]の[[内科医]][[ジョン・チェーン]]([[:en:John Cheyne (physician)]])と[[アイルランド]]の内科医[[ウイリアム・ストークス]]([[:en:William Stokes (physician)]])から。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者