「フアン・エルナンデス」の版間の差分

 
== 来歴 ==
 
[[2004年]]3月[[ミニマム級]]でデビュー。地元テレビ局アステカの全国中継で異例の大物級と評価された。
 
ここから一気に連勝街道を進むことに。[[ライトフライ級]]でリングに上がることも。
 
2006年チルソ・エルナンデス・モラレスと空位の[[NABF]]ミニマム級王者を争い、初回KOで獲得。その後6回防衛。
 
2010年5月22日、[[デンベル・クエジョ]]([[フィリピン]])と争うも、3回誤審に救われた形の失格勝ち。事実上クエジョのボディーブローによるKOだった。クエジョが所属していた[[タイ]]のナンコンルアンプロモーションは猛抗議するも、判定は覆らなかった。このニュースは世界でも話題になった。
 
NABFミニマム級最後の防衛戦。[[モイセス・フェンテス]]を破り井岡戦に備えた。
 
[[2011年]]8月10日、[[東京]]・[[後楽園ホール]]で[[世界ボクシング評議会|WBC]]世界[[ミニマム級]]チャンピオン・[[井岡一翔]]に挑んだが、判定3-0で王座奪取はならなかった。
 
19

回編集