「マス・ラピッド・トランジット (シンガポール)」の版間の差分

編集の要約なし
'''マス・ラピッド・トランジット'''もしくはMRT(<small>[[中国語]]</small>:{{lang|zh|大眾快速交通}}もしくは地鐵)はシンガポールの[[地下鉄]](一部高架)。
 
[[MRT南北線|南北線]]、[[MRT東西線|東西線]]、[[MRT北東線|北東線]]、[[MRT環状線|環状線]]の4路線が開業している。運営は、南北線・東西線・環状線が[[SMRTトレインズ]]、北東線が[[SBSトランジット]]により行われており、それらを[[陸上交通庁]](Land Transport Authority)が統括している。
運営は[[SMRTトレインズ]]と[[SBSトランジット]]が行ない、[[陸上交通庁]](Land Transport Authority)が統括している。軌間は全て1,435mm([[標準軌]])、北東線のみが[[直流]]1,500V[[架空電車線方式|架空線集電]]、その他が[[直流]]750Vの[[第三軌条方式|第三軌条集電]]である。地下鉄と一般にいわれるが、地下を走るのは都市部のみでほとんどは高架であり、踏み切りは存在しない。地下駅、もしくは高架駅で、地下駅にはすべて[[ホームドア|スクリーンドア]]が設置されている。[[高架駅]]に関しても安全に配慮しスクリーンドアが設置される予定。
 
運営は[[SMRTトレインズ]]と[[SBSトランジット]]が行ない、[[陸上交通庁]](Land Transport Authority)が統括している。軌間は全て1,435mm([[標準軌]])。電化方式は、北東線のみが[[直流]]1,500V[[架空電車線方式|架空線集電]]、その他が[[直流]]750Vの[[第三軌条方式|第三軌条集電]]である。地下鉄と一般にいわれるが、地下を走るのは都市部のみで、路線のほとんどは高架であり、踏み切りる。駅存在しない。地下駅もしくは高架駅で、地下駅にはすべて[[ホームドア|スクリーンドア]]が設置されている。おり、[[高架駅]]に関しても安全に配慮しスクリーンドアが設置される予定。
 
== 沿革 ==
* [[1987年]][[11月7日]] - [[MRT南北線|南北線]]の[[ヨー・チュー・カン駅]] - [[トア・パヨ駅]]間開業。
* [[1987年]][[12月12日]] - 南北線の[[トア・パヨ駅]] - [[アウトラム・パーク駅]]間開業。([[シティ・ホール駅]] (- アウトラム・パーク間は現在[[MRT東西線|東西線]]の駅)間開業。
* [[19871988年]][[123月12日]] - 東西線の[[アウラム・パーク駅]] - [[アウトラム・パーレメンティ駅]]間開業。
* [[1988年]][[311125日]] - 東西線の[[アウトラム・パーレメンティ駅]] - [[メンティイクサイド駅]]間開業。
* [[1988年]][[1112520日]] - 南北線の[[クレメヨー・チュー・カティ駅]] - [[クサイドーシュン駅]]間開業。
* [[19881989年]][[1211204日]] - 南北線の[[ヨーシティチュ・カン駅]] - [[マリナ・ベイ駅]]間と、東西線のュンティ・ホール駅 - [[タナ・メラ駅 (MRT)|タナ・メラ駅]]間開業
* [[1989年]][[1112416日]] - [[シティ東西線のタナホールメラ]] - [[マリパシベイリス駅]]間開業(南北線と[[MRT東西線|東西線]]の共用使用)
* [[19891990年]][[113410日]] - 南北線の[[シティジュロンスト駅]] - [[タナチョアメラ駅 (MRT)|タナチューメラカン駅]]間開業 (。(当初は[[MRT南北東西線|南北東西線]]の支線共同使用)。して開業)
* [[19891990年]][[127166日]] - タナ・メラ東西線の[[レイクサイド]] - [[パシリスレイ駅]]間開業。
* [[19901996年]][[32月10日]] - 南北線の[[イーシ・イースト駅]] - [[チョア・チュー・カン駅]]間開業 ([[MRT東西。(南北|東西]]の支線として開業)。
* [[19902001年]][[71610日]] - [[レイクサイド東西線支線のタナ・メラ]] - [[ブーン・レイエキスポ駅]]間開業。
* [[19962001年]][[2101018日]] - 東西線に[[シュン駅]] - [[チョア・チュヴァ・カン駅]]開業。
* [[20012002年]][[12108日]] - タナ・メラ東西線支線の[[エキスポ]] - [[チャンギ・キスート駅]]間開業。
* [[20012003年]][[1061820日]] - [[MRT北東線|北東線]]の[[ハヴァ・フロント駅]] - [[プンゴル駅]]間全線開業。(但し[[ウッドレイ駅]]と[[ブアンコック駅]]は未開業)
* [[20022006年]][[21815日]] - 北東線に[[エキスポ駅]] - [[チャブアギ・エアポートコック駅]]開業。
* [[20032009年]][[622028日]] - [[MRT北西|北東線]]全線開業。但し[[ウッドレオニア駅]]と[[ブアジュー・クーコック駅]]は未開業。
* [[2006年]][[1月15日]] - [[ブアンコック駅]]開業。
* [[2009年]][[2月28日]] - [[パイオニア駅]]、[[ジュー・クーン駅]]開業。
* [[2009年]][[5月28日]] - [[MRT環状線|環状線]][[バートレイ駅]]~[[メリーマウント駅]]間(第3期)開業 。
* [[2010年]][[4月17日]] - [[MRT環状線|環状線]][[ドビー・ゴート駅]]~[[タイ・セン駅]]間(第1、2期)開業 。
===東西線===
{{main|MRT東西線}}
[[パシール・リス駅]]から[[ジュー・クーン駅]]までシンガポール島の東西を走る。また、[[タナ・メラ駅 (MRT)|タナ・メラ駅]]より、[[チャンギ・エアポート駅]]までチャンギ空港支線が[[2002年]]に開通。これにより、空港から都市部へのアクセスが今は、それまで[[タクシー]]と[[バス (交通機関)|バス]]のみしかなかったが、これによりMRTで行けるようにのアクセスが可能となった。
 
===北東線===
2009年に一部開業した。2010年に第1、2段階が開業し2011年10月にマリーナベイ延伸部分を残して開通した。6両編成の車両を使っている南北線、東西線、東北線と違って、環状線は3両編成である。また車両は無人走行車両による自動運行を行なっている。
 
===ダウンタウン計画中の路(Downtown Line)===
 
====ダウンタウン線(Downtown Line)====
{{main|MRTダウンタウン線}}
2013年度に一部開業する。しかし、第一段階の開業では[[MRT環状線|環状線]]の支線という扱いになる。2015年度に第2期、2016年度に第3期が開業する予定。環状線と同じ、ダウンタウン線は車両が3両編成の予定。
 
====トムソン線(Thomson Line)====
{{main|MRTトムソン線}}
2008年に交通相に発表された建設計画。シン・ミン(Sin Ming)という地方経由で、[[ウッドランズ駅]]から[[マリーナ・ベイ駅]]の近くまで走る計画。2018年度に開業する予定。
 
====東地方線(Eastern Region Line)====
{{main|MRT東地方線}}
2008年に交通相に発表された建設計画。タンジョング・ルー、マリーン・パレード、シグラプ、南べドク、上東岸(Upper East Coast)経由で、マリーナ・ベイからチャンギまで走る計画。2020年度に開業する予定。
匿名利用者