「ATPアーゼ」の版間の差分

 
===AAA ATPアーゼ===
AAAとは'''A'''TPases '''A'''ssociated with diverse cellular '''A'''ctivityの略称である。タンパク質の輸送、膜融合、[[細胞内小器官]]の形成、[[DNA複製]]、[[転写]]調節など機能は多様だが、全てがリング状オリゴマー構造を取っている。ATPの加水分解エネルギーはタンパク質のアンフォールディング(3次構造をほどく)やタンパク質分解、オリゴマーの拡大などに使用されていると考えられている。
 
真核細胞のみならず、細菌([[大腸菌]])からも見つかっているが、唯一古細菌からは見つかっていない。
匿名利用者