「川田正澂」の版間の差分

m
微修正
(→‎来歴・人物: 段落分け)
m (微修正)
[[土佐国]](現・[[高知県]])生まれの[[士族]]出身。高知中学校(現・[[高知県立高知追手前高等学校|高知追手前高校]])から選抜されて、東京[[日本橋箱崎町]]の旧[[土佐藩]]侯邸内・海南学校(現・[[高知県立高知小津高等学校|高知小津高校]])に上京し進学。のち廃校となり、[[明治義塾]](のち廃校、その跡地に[[英吉利法律学校]]、[[日本学園中学校・高等学校|日本中学]]創立)に移り外国人から英語を学ぶ。1888年、文部省中学教育検定試験に首席合格。同年9月に、[[第三高等学校 (旧制) |第三高等中学校]](のちの[[第三高等学校 (旧制) |旧制三高]])教員となり、1904年(明治37年)8月~1909年(明治42年)4月にかけて宮城県立仙台第一中学校(現・[[宮城県仙台第一高等学校|仙台第一高校]])校長を経て、1909年(明治42年)に東京府立第一中学校(現・[[東京都立日比谷高等学校|都立日比谷高校]])校長に任ぜられる。
 
府立一中では前任者の[[勝浦鞆雄]]校長の「~べからず」教育からの脱皮を計り、生徒心得も5か条<ref>『東京府立第一中学校五十年史』(如蘭会編、1929年) P50~P51、『東京府立第一中学校』(須藤直勝、近代文藝社、1994年9月) P160 などを参照。</ref>の簡潔なものとした。着任した折の「就任の辞」では、「本校ハ位置帝都ニアリテ全国中学校ノ首班タリ」と述べていたように、この「日本一の名声」を慕って全国の小学校から受験生が集まった<ref>『東京府立中学』(岡田孝一、同成社、2004年5月) P29 ~ P31</ref>。1913年(大正2年)3月~1914年(大正3年)6月の間に欧米視察旅行の際、[[大英帝国]]の[[パブリックスクール]]に深い感銘を得た<ref name="joran">『日比谷高校百年史 上巻』 (如蘭会編、1979年) P128、P134、『東京府立中学』(岡田孝一) P31 ~ P33 などを参照。</ref>
 
かの地の[[イートン校]]や[[ハーロー校]]、[[ラグビー校]]の諸校が、のんびりした紳士・人物の育成、自治自制をモットーとしていることから、その中でも特にイートン校に範をとったものであった。ただ当地のパブリックスクール諸校が、国王の恩賜、貴族・大富豪の寄付で成り立っていることに対して、士族出身の川田は、[[騎士道]]養成教育のバックボーンとしてそれと日本の[[武士道]]との共通性を見てとった。王侯貴族の子弟が通うイートンなどに対して、都会型中産知識階級の子弟が通う一中とはバックグラウンドが全く違うなか、いわゆる「[[ノブレス・オブリージュ|ノーブレス・オブリージュ]]」の規律・精神を共通の教育の土台・エートスとすることを目指していた。さらに、パブリックスクールが私立学校であるのに対して[[公立学校]]による制約があるため、学友会(校友会ないし父兄会)による[[財団法人]]の組織化を図った<ref name="joran"/>
 
しかし、第一次世界大戦による好況も長くは続かず資金が集まらなかったため、1920年(大正9年)、[[社団法人]]として学友会が設立・認可された<ref>『日比谷高校百年史 上巻』 (如蘭会編、1979年) P128、P134、『東京府立中学』(岡田孝一) P31 ~ P33 などを参照。<name="joran"/ref>。
 
また、イートンを理想とする[[国士]]養成教育(ないし[[紳士]]養成教育)<ref>『東京府立第一中学校』(須藤直勝) P36 でも、川田の教育理念として国士養成の文字が使用されている。<br /ref>いし[[紳士]]養成教育)<ref>お、gentleman([[ジェントルマン]])の訳語としては、国士(郷士)ないし紳士が使われる。</ref>と、年々いや増してくる進学熱の現実とのせめぎ合いの中、上級学校への進学教育も無視することができなくなり、1922年(大正11年)に補習科を設けたのを手始めに<ref>『日比谷高校百年史 上巻』 (如蘭会編) P126~P127</ref>、翌1923年(大正12年)には、[[第一高等学校 (旧制)|一高]]で独語受験者の優先入学制度が廃止されたこともあって、一中の独語科を廃止した<ref>『日比谷高校百年史 上巻』 (如蘭会編) P126~P127、P144~P145</ref><ref>当時の教育環境への回想としては、「何から何まで「一高受験」と「国士養成」のための教育だった。心身共に「鍛練主義」の教育で、受験や成績に非常に厳しい詰め込み教育だった。宿題も毎日あり生徒会や[[学級活動・ホームルーム活動|HR活動]]もなく学級は一つの授業を受ける単位に過ぎなかった。偏った教育であった。詰め込みも非常に役に立ったが、よそ見をする時間もなく世間知らずという感もあった。」『日比谷高校百年の歩み』(都立日比谷高校編、1978年) 1920年卒長谷川進一の寄稿文を一部改変引用。<br />また、「皆が憎みおそれていた、柔剣道場の裏でタバコを吸い、[[学校教練|教練]]の老中尉を手こずらしていたような連中が、却って今日も個性を延ばして活躍しているところをみると、一中は教育の半面を忘れていたのではないか。」 前掲書 1927年渋沢輝二郎の寄稿文を一部改変引用。</ref><ref>一方で、川田は落第ないし留年を減らすことに心を砕いた。そのために、各科の教授法や予復習の指導に力を入れ、勝浦校長時代には落第率が10%以上を記録していたが、漸減させ昭和に入ると1%を割った。成績不振その他を理由とする中退率は一中でも依然高かったが、[[広瀬雄]]の府立三中や[[深井鑑一郎]]の四中では落第率は依然のそのままであった。 『東京府立中学』(岡田孝一) P153 ~ を参照。 <br />また、[[松田文雄]]が画家を目指して、理科系については勉強をしないが卒業証書は発行してくれるよう川田に相談・懇願し、川田も同人のテストの0点の箇所を100点に赤ペンで修正し松田を卒業させた。 『麻布中学と江原素六』([[川又一英]]、[[新潮新書]]、2003年) 「第5章 麻布・府立一中の時代」を参照。</ref>。
 
のち、1932年(昭和7年)まで府立一中校長を務め、また一中に接続する高等学校を設けようと自ら設立に動いた[[府立高等学校 (旧制) |旧制府立高等学校]](のちの[[東京都立大学]]、現・[[首都大学東京]])初代校長も兼務した。ただ、周囲の府立中学やその他私立諸校も含めた反対に遭い、一中とは独立して開校させることとなった。
5,247

回編集