「算盤の書」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: lt:Liber Abaci)
[[Image:Liber abbaci magliab f124r.jpg|thumb|算盤の書]]
'''算盤の書'''(1202年(そろばんのしょ、''Liber Abaci'')、[[1202年]]に[[レオナルド・フィボナッチ|フィボナッチ]]によって書かれた算術に関する歴史的な本である。'''計算の書'''(けいさんのしょ)とも。この作品においてフィボナッチは[[アラビア数学]]を[[ヨーロッパ]]に紹介した。これらの知識はフィボナッチが父親のグリエルモ・ボナッチオと共に北アフリカに住んでいた時、アラブ人と学んだものである。
 
「算術の書」とはアラビア数学について述べられた西洋初の本の1つである。商人や学者に説くことにより、新しい数学がこれまでの数学より優れたものであるということを人々に確信させた。
#[[平方根]]と[[立方根]]
#[[幾何学]]([[測量]]を含む)と[[代数学]]
 
 
==フィボナッチの分数表記法==
彼は著作において新しい数学体系の実用的な重要性を、格子乗算とエジプト式分数を用いながら、それを簿記、単位の換算、利子の計算、両替、その他多くの用法に応用することで示している。この十個の数の使用が三世紀後の1585年に[[活版印刷術]]が発明されて初めて広まったにもかかわらず、この本はヨーロッパの知識層へ広く受け入れられ、ヨーロッパ人の考え方そのものに大きな影響を及ぼした。
 
==参考文献==
*{{cite book
| title = Fibonacci's Liber Abaci
匿名利用者