「風」の版間の差分

 
気圧の不均一・気圧傾度力が大きいほど、風は強くなる。[[天気図]]で言うと、[[等圧線]]の間隔が狭いほど風は強い。ただ、高気圧・低気圧の風は長い距離を流れるため、[[コリオリの力]]や[[遠心力]]を受けて[[回転]]を伴う風となる。これを[[地衡風]]、[[傾度風]]という。風の回転を物理量として表現する際には、風向・風速では不十分なので[[渦度]]を用いる。
 
太陽エネルギーの分布は常に不均一であり、しかも時間とともに刻々と変化し続けるため、長期的に風は止むことがない。短期的には、広い高気圧の圏内に入るなどして気圧が安定した時に風が止む。
 
=== 風に作用する力 ===
匿名利用者