「ロードスター」の版間の差分

m (r2.6.4) (ロボットによる 変更: ta:ரோட்ஸ்டெர்)
 
== 歴史 ==
日本車でロードスターの名称が使われた例は、[[1936年]]に登場した[[日産自動車|日産]]の[[ダットサン]]・ロードスターに始まる。この時代のダットサン15型のオープンカーには、4座の[[セダン]]を([[幌]]型)にした[[フェートン (車両)|フェートン]]がすでに存在していたが、バリエーション拡充のため、2名分の[[座席|シート]]を[[トランク]]ルーム格納式とした2+2の[[クーペ]]をベースとした、よりスポーティーなロードスターがラインナップに追加された。
 
その後この流れは、[[戦後]]初の[[スポーツカー]]となった[[1952年]]の[[ダットサン・スポーツDC-3]]や、[[オースチン (自動車)|オースチン]]との提携による「[[日産・ブルーバード|ダットサン・1000]]」をベースとした[[繊維強化プラスチック|FRP]]ボディーを採用した[[1959年]]の「[[ダットサン・フェアレディ|フェアレデー]]」へと受け継がれて行く。これらは車名にロードスターの名は付けられなかったが、北米では後継となる SR311型(フェアレディ2000) まで、ダツン(ダットサン)・ロードスターとして親しまれた。
匿名利用者