「カンパニョーロ」の版間の差分

基礎情報 会社
(英語との関係)
(基礎情報 会社)
{{基礎情報 会社
|社名 = カンパニョーロ
|英文社名 = Campagnolo
|ロゴ =
|画像 =
|画像説明 =
|種類 = {{lang-it-short|[[:it:Società a responsabilità limitata|s.r.l.]]}}
|市場情報 =
|略称 =
|国籍 = {{ITA}}
|本社郵便番号 =
|本社所在地 =
|本店郵便番号 =
|本店所在地 =
|設立 = [[1993年]]
|業種 = [[製造業]]
|統一金融機関コード =
|SWIFTコード =
|事業内容 = 自転車部品・など、<br />金属加工製品の製造
|代表者 =
|資本金 =
|発行済株式総数 =
|売上高 =
|営業利益 =
|純利益 =
|純資産 =
|総資産 =
|従業員数 =
|支店舗数 =
|決算期 =
|主要株主 =
|主要子会社 =
|関係する人物 = {{仮リンク|トゥーリョ・カンパニョーロ|en|Tullio Campagnolo}}
|外部リンク = http://www.campagnolo.com/
|特記事項 =
}}
[[画像:Manetka_rowerowa_Campagnolo.jpg|thumb|200px|カンパニョーロ製ダブルレバー]]
'''カンパニョーロ'''({{lang-it-short|''Campagnolo s.r.l.''}} )は、'''{{仮リンク|トゥーリョ・カンパニョーロ|en|Tullio Campagnolo}}'''({{lang-it-short|''[[:en:Tullio Campagnolo|Tullio Campagnolo]]''}} , [[1901年]][[8月26日]] - [[1983年]][[2月1日]])が創業した[[イタリア]]の[[自転車]]部品専業メーカーであり、ロードレーサー用の部品においては日本の[[シマノ]]、アメリカの[[SRAM (自転車メーカー)|SRAM]]とともに市場を寡占している大手である。
campagnoloは英語圏においてはcampyと呼ばれていることが多い。コンポーネントのブランド名に一部英語名が使われているが、record(レコルド)の単語はイタリア語にも存在している。
 
社章は、クイックレバー付きの、翼が生えた車輪が盾の中に描かれたもの。「クイック」は現在ではスポーツ用自転車(特にロード用)には不可欠の装備となっている。またこの経験をしたオーネクロス峠の名は、のちにパーツセット「クローチェ・ダウネ(ドーネ)」に冠された。
 
[[1950年代]]末から[[乗用車]]用や[[オートバイ]]用[[マグネシウム]][[合金]][[ホイール]]も製造していた。ホイール製造部門はその後テクノマグネシオという子会社に分離し、現在はMIM Wheelsのブランドとして存続。
 
1989年~1992年には[[マウンテンバイク]]のコンポーネントにも参入したが、市場に食い込むことができずに撤退している。
 
[[1990年代]]には日本の[[シマノ|株式会社シマノ]]がブレーキレバーとシフトレバーを一体化したSTIシステムを投入したが、カンパニョーロ社も「エルゴ・パワー」なるシステムを開発してこれに追随した。
 
2008年には翌年からラインナップを一新し11速を上位モデルに採用する事を発表し、2008年の[[ツール・ド・フランス]]では機材を供給しているチームの一部選手が使用した。
匿名利用者