「松平家広 (形原松平家)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''松平 家広'''(まつだいら いえひろ、? - [[元亀]]2年[[2月29日 (旧暦)|2月29日]]([[1571年]][[4月3日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[三河国]]の[[形原城]]([[蒲郡市]]形原町東古城)主。幼名は佐太郎、又七郎。
 
[[15世紀]]末より([[文明_(日本)|文明]]12年とされる)現在の[[蒲郡市]]形原に移った[[形原松平家]]第4代当主である。父は第3代[[松平親忠 (形原松平家)|松平親忠]]。[[於大の方]]の姉、正室・[[於丈の方]]([[於上の方水野忠政]])を妻とする。の娘、[[於の方]]の姉)との間に[[松平家忠 (形原松平家)|松平家忠]]をもうける。
 
父親忠は[[松平清康]]に従っていたが、清康の殺害([[1535年]]の[[森山崩れ]])後の[[織田信秀]]の[[安祥城]]([[安城市]]安城町赤塚)攻め([[1540年]])や[[小豆坂の戦い]]([[1542年]])の際の動向は明らかでない。妻の実家である[[水野氏]]が、今川氏から離反し[[織田氏]]に接近すると、主君の広忠と同様に妻を離縁する。
354

回編集