「慈円」の版間の差分

編集の要約なし
[[Image:Jien.jpg|180px|thumb|慈円像]]
'''慈円'''(じえん、[[久寿]]2年[[4月15日 (旧暦)|4月15日]]([[1155年]][[5月17日]]) - [[嘉禄]]元年[[9月25日 (旧暦)|9月25日]]([[1225年]][[10月28日]]))は、[[平安末期]]・[[鎌倉時代]]の[[天台宗]]の僧。歴史書『[[愚管抄]]』を記した。[[諡号]]は'''慈鎮和尚'''。一般に'''吉水僧正'''とも呼ばれ、また『[[小倉百人一首]]』では、'''前大僧正慈円'''と称されている。慈円は[[関白]][[藤原忠通]]と[[加賀局]]([[藤原仲光 (太皇太后宮大進)|藤原仲光]]の娘)の子(十一男)忠通の・[[九条兼実]]の同母弟である。
 
== 略歴 ==