「クイックディスク」の版間の差分

編集の要約なし
 
容量は片面64キロ[[バイト_(情報)|バイト]]、両面128キロバイト。
== 特徴 ==
 
== 特徴 ==
同心円状に複数の[[トラック]]がある[[フロッピーディスク]]と異なり、クイックディスクには、[[レコード]]の溝のように、渦巻状のトラックが1本だけ存在する。3.5インチおよび3インチに比べ安価で小型低容量な用途として開発された。当時パーソナルユースでの[[補助記憶装置]]として主流だった[[データレコーダー]]の[[磁気テープ]]を、そのままディスク状にしたようなものと言える。
 
 
用途や構造が類似した製品に、[[シャープ]][[ポケットコンピュータ]]シリーズ用の2.5インチポケットディスクがあるが、互換性はない。
== 採用システム ==
 
== 採用システム ==
[[画像:Famicom diskcard.jpg|thumb|right|150px|ファミリーコンピュータ<br />ディスクカード]]
パソコンでは[[シャープ]] [[MZ-1500]]に内蔵ドライブ、[[MZ-700]]、[[MZ-2000]]/[[MZ-2000#2200|2200]]に外部ドライブがある。[[MSX]]に[[ロジテック|Logitec]]、[[カシオ計算機|CASIO]]ブランドで外部ドライブがある。
 
[[MIDI]]機材では[[ヤマハ]]、[[ローランド]]、[[コルグ]]、[[AKAI professional|AKAI]]、[[河合楽器製作所]]の音源ユニット、[[シンセサイザー]]、[[サンプラー]]、[[シーケンサ]]、データファイラに内蔵および外部ドライブとして採用された。
 
また[[任天堂]]の[[ファミリーコンピュータ ディスクシステム]]に、ジャケット形状を変更し「ファミリーコンピュータディスクカード」の名称で採用された。本来のクイックディスクよりもジャケットが厚く、シャッターを付けたカードもある。模倣品を防ぐためジャケット面に商標を用いたアンチローディング機構を施してある。
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
 
[[Category:磁気ディスク|くいつくていすく]]
匿名利用者