「IA-64」の版間の差分

 
== 概要 ==
[[インテル]]は[[1990年代]]に、[[x86]]で32ビットの[[パーソナルコンピュータ]]市場では主流となったが、64ビットの[[サーバ]]市場はいわゆる[[RISC]]陣営([[SPARC]]、[[MIPSアーキテクチャ|MIPS]]、[[PA-RISC]]、[[POWER]]など)に占められており、また32ビット市場でも[[アドバンスト・マイクロ・デバイセズ|AMD]]、[[サイリックス|Cyrix]]など互換プロセッサーメーカーの攻勢を受けていた。
 
[[インテル]]は[[RISC]]陣営の一社であるヒューレット・パッカード (HP)と提携し、HPの'''[[VLIW]]'''技術(後に改良版の'''[[EPICアーキテクチャ]]''')を採用する'''IA-64'''の共同開発を発表した。この際、従来の32ビットまでの[[x86]]アーキテクチャを'''IA-32'''と呼び、将来的にはIA-64に置き換えられるとした。またHPはIA-64を自社の[[PA-RISC]]([[HP-UX]]稼動CPU)の後継と位置づけた。
匿名利用者