「GO! レスラー軍団」の版間の差分

 
== 登場人物 ==
=== ゴッド一家と正規軍 ===
{{節stub}}
本編の中心になるプロレス団体およびプロレス理事。なおシールなどに登場する軍団長「ザ・スーパー・ブッダー」、同副軍団長「Mr.ミト」などの正規軍上層部や、ゴッド三兄弟次男「ドリー・ゴッド」(氷河軍軍団長)とドンの母(即ちロビンとベン・Kの祖母)「マザー・ゴッド」は登場せず。
; ロビン・ゴッド
: [[声優| 声]] - [[日比野朱里|小粥ようこ]]
: ゴッド三兄弟の三男にして、「勇気」のパワーを持つプロレス戦士。武器は「聖弓アークチェリー」というアーチェリー。
; ベン・K・ッド
: 声 - [[堀内賢雄]]
: 三兄弟の長男で、「団結」のパワーを持つ戦士。口癖は「ござる」。
; 光王子・星若丸
: 声 - [[梅津秀行折笠愛]]
: ロビンやベン・Kと並ぶ正規軍戦士の一人で、「友情」のパワーを持つ。口癖は「であります」。なお本編では「ビーナトロンIIの王子」という設定は無い。
; ドンゴッド理事長
: 声 - [[増岡弘]]
: ロビンとベン・Kの父にして、世界プロレスの理事。かつては世界最強のレスラーだった。シールキャラよりもかなりお調子者になっている。口癖は「ぞよ」。第4話では自ら超悪魔生命体を飲み込んで強化した事が有った。
; 我無羅殿神王
: 声 - [[梅津秀行]]
; 秘書マリリン
: 声 - [[水谷優子]]
: 理事長の秘書。モデルは[[マリリン・モンロー]]。本編では「子持ち」という設定は省かれた。
 
=== 我無羅殿 ===
; 我無羅殿神王
: 声 - [[梅津秀行]]
: 「我無羅殿」の支配者にして、別名「プロレスの神」。計り知れない力を持った実力者。[[歌舞伎]]役者の様な声で喋る。
; 史上空前の必殺技
: 声 - [[佐々木望]]
: アニメのみのキャラクター。ロビンとベン・Kと星若丸の心が一つになり、我無羅殿のご神体の「勇気」「団結」「友情」のベルトをそれぞれ装着される事で召還される巨漢レスラー。恐るべき技で敵をねじ伏せる。最終回、超悪魔生命体にベルトを奪われた事で悪と化すが、ロビン達の真の強い心で元に戻った。
 
=== 世界各国のプロレス団体 ===
本編では正規軍のほか、様々なプロレス団体が存在する。なおこれらの他に「TV軍」「氷河軍」「熱帯軍」という団体がシールでは存在していたが、アニメでは未登場となった。
==== 覆面軍 ====
アイ・ガーン大佐を軍団長とする、卑怯な手段を得意とする団体。アメリカのボロ屋をアジトとする。
; アイ・ガーン大佐
: 覆面軍軍団長。シールでは片目・片腕をメカ改造したサイボーグだったが、アニメでは普通の人間。また第3話までは悪どいキャラだったが、第4・5話ではかなり間抜けなキャラになり、ビーナトロンや部下にまで見限られ、ヤケ食いの余りコレステロールが溜まってしまうという情けないキャラと化す。
; ウイリアム・TEL
: 大佐の右腕的存在。覆面の下の頭部には電話が常備してある。口癖は「テル」。
 
==== タッグ軍 ====
2人1組で構成されたタッグ戦と中心とする団体。ヨーロッパが舞台。
; エクソシスターズ
: タッグ軍軍団長の姉妹。セーラー服と白ハイソックスがトレードマーク。ベン・Kを誘惑するなどの作戦を実行したが、最後は星若丸との愛が芽生える。
; ボッ・チャーンS
: 大金持ちの兄弟が結成したレスラー。やたらと相手を買収しまくる。
 
==== ラーメン軍 ====
香港を舞台とする、正規軍とならぶ正統派のプロレス団体。
; ラーメンばあさん
: ラーメン軍軍団長。ロビン達にメン魔四天王に奪われた香港プロレス界を取り戻す様頼んだ。シールでは「Queen火美子」という美女が正体で、聖水の力で不老状態となっており、老婆状のボディースーツでカモフラージュしていたが、アニメでは普通の老婆。また若き頃はドンの初恋相手という設定が有った。
 
==== メン魔四天王 ====
イタリアから現れて、香港プロレス界を乗っ取り、更に香港の料理をイタリア料理に改編した「メン魔軍」の4人組。なおラザーニやブレーメン以外の面魔一家や、軍団長「魔神眼」は登場せず。
; 面魔ラザーニ
: 四天王のリーダー格。
; セニョール・ボンゴ霊
: 四天王その2。映画監督になりすまし、ロビン達を誘惑する。
; オニオン・ジャック
: 四天王その3。泣き落としやたまねぎ攻撃が得意。
; メン魔・ブレーメン
: 四天王その4。やたらと仲間などに無礼な言葉を浴びせるが、プロレス歴100戦100敗。しかし満月を見ると狼男に変身する特技あり。なおシール名称は「面魔・無礼麺」。
 
== スタッフ ==
匿名利用者