「コクーン歌舞伎」の版間の差分

修正。
(修正。)
 
1994年5月、歌舞伎役者の[[中村勘三郎 (18代目)|十八代目中村勘三郎]](初演時は五代目中村勘九郎)、
[[中村橋之助 (3代目)|三代目中村橋之助]]らが『東海道四谷怪談』を上演したのが始まりである。その後も勘三郎、[[中村福助 (9代目)|九代目中村福助]]、橋之助、[[中村勘九郎 (6代目)|二代目中村勘太郎(現六代目中村勘九郎)]]]、
[[中村七之助 (2代目)|二代目中村七之助]]をはじめとする花形役者・若手役者が出演して、1〜2年に一回、約1ヶ月間の公演が行われている。2005年の公演には、襲名公演の期間中であった勘三郎は出演せず、福助、橋之助が中心となって『桜姫』が上演された。
 
8,185

回編集