「UFC」の版間の差分

!階級!!重量区分!!現王者
|-
|[[ヘビー級]]||205[[ポンド (質量)|lbs]] - 265lbs: 93.0kg - 120.2kg||{{Flagicon|BRA}} [[ジュニオール・ドス・サントス]]
|-
|[[ライトヘビー級]]||185lbs - 205lbs: 83.9kg - 93.0kg||{{Flagicon|USA}} [[ジョン・ジョーンズ]]
|-
|[[ミドル級]]||170lbs - 185lbs: 77.1kg-83.9kg||{{Flagicon|BRA}} [[アンデウソン・シウバ]]
|-
|[[ウェルター級]]||155lbs - 170lbs: 70.3kg - 77.1kg||{{Flagicon|CAN}} [[ジョルジュ・サンピエール]]
|-
|[[ライト級]]||145lbs - 155lbs: 65.8kg - 70.3kg||{{Flagicon|USA}} [[フランク・エドガー]]
|-
|[[フェザー級]]||135lbs - 145lbs: 61.2kg - 65.8kg||{{Flagicon|BRA}} [[ジョゼ・アルド]]
|[[バンタム級]]||125lbs - 135lbs: 56.7kg - 61.2kg||{{Flagicon|USA}} [[ドミニク・クルーズ]]
|-
|[[フライ級]]||125lbs115lbs - 115lbs125lbs: 52.2kg - 56.7kg||空位
|}
 
[[ファイル:UFCBelt.png|270px|thumb|UFCのチャンピオンベルト]]
UFCは[[ネバダ州アスレチック・コミッション]]の定める階級制に則り、ヘビー級、ライトヘビー級、ミドル級、ウェルター級、ライト級75階級体制で行われている。そのため、通常はこれらの階級に沿った試合が組まれるが、稀に[[キャッチウェイト]]バウト(契約体重試合)として、上記以外の契約体重を設定して試合を行うこともある。
 
なお、ズッファ社によるWEC完全統合によってフェザー級およびバンタム級タイトルがUFCタイトルへ統一され2011年から7階級体制で行われる。公式には上記の階級以外にもスーパーヘビー級(265lbs-)、フライ級(-125lbs)の2つの階級が設置されているが、階級が存在するのみで試合は行われておらず、唯一スーパーヘビー級のみ、[[UFC 28]]において[[ジョシュ・バーネット]]対[[ガン・マッギー]]の1試合が行われたにとどまる。
 
2012年3月より4人参加のフライ級 (-125lbs) トーナメントを開催することをダナ・ホワイトが発表した
 
=== 反則 ===
49,118

回編集