「ざる」の版間の差分

編集の要約なし
うどんやそばの調理に使われる湯切り専用の取っ手付きのざるは「'''水嚢'''」(すいのう)という。「振りざる」、「揚げざる」とも呼ばれる。[[讃岐うどん]]の再調理などに使われる径が小さく深底の特殊なざる「'''鉄砲ざる'''」(略して'''テボ'''、'''てぼざる'''とも言われる)もこの一種であり、その名の由来は一説に「(うどんの)玉」を入れて(再加熱のために)茹で上げるからと言われている。(鉄砲の[[弾]]との[[語呂合わせ]])
 
[[サラダ]]用の野菜の水切りやパスタ類等の湯切り用の製品として、容器の内部に深いざるが収めてあり、これを付属の[[ハンドル]]と[[歯車]]あるいは引き紐によって高速で回転させることにより[[遠心力]]を利用して効率的に水切りをする'''サラダスピナー'''あるいは'''野菜水切り器'''などと呼ばれる回転式のザルも市販されている。なお、業務用のものにも遠心力で野菜などの水切りをするものがあるが、大容量であり専用の脱水袋に入れて本体にセットし電動で高速に脱水できる(野菜脱水機)
 
基本的にはボウルであるが、その縁の一部分が穴の空いたざる状になっているものもある。これは水を溜めて使う用途と水を切る用途の両方に使えるため、米を磨ぐ際に便利である。
18

回編集