「マヌエル・コムネノス・ドゥーカス」の版間の差分

{{出典の明記|date=2012年2月|ソートキー=人1237年没}}
m (r2.6.3) (ロボットによる 追加: bg:Мануил Комнин (Епир))
({{出典の明記|date=2012年2月|ソートキー=人1237年没}})
{{出典の明記|date=2012年2月|ソートキー=人1237年没}}
'''マヌエル・コムネノス・ドゥーカス'''('''Μανουήλ Κομνηνός Δούκας''', Manouel Komnenos Doukas, 生年不詳-[[1241年]]没)は[[エピロス専制侯国|エピロス・テッサロニキ専制公]]([[1230年]]-[[1237年]])。中世ギリシア語表記ではマヌイル・コムニノス・ドゥカス。[[テッサロニキ]]「[[皇帝]]」[[テオドロス1世コムネノス・ドゥーカス]]の弟。父系ではアンゲロス(Άγγελος, Angelos)であるが実際にはその名前を使用していない。