「グーゴルプレックスプレックス」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 語源 ==
[[1920年]]に、[[アメリカ合衆国]]の[[数学者]][[エドワード・カスナー]]の当時9歳の甥であるミルトン・シロッタ (Milton Sirotta) が思いついたグーゴルという10<sup>100</sup>という数、10の100乗が提案された。10<sup>10<sup>100</sup></sup>、すなわち10のグーゴル乗としてグーゴルプレックスが提案される。その10のグーゴルプレックス乗で、グーゴルプレックスプレックスという数が、想定される
 
10<sup>10<sup>100</sup></sup>、すなわち10のグーゴル乗としてグーゴルプレックスが提案される。
 
その10のグーゴルプレックス乗で、10<sup>10<sup>10<sup>100</sup></sup></sup>という数、グーゴルプレックスプレックスという数が、想定される。
 
== 大きさ ==
グーゴルプレックスは1の後にグーゴル個の0が続く数であるため、[[十進法]]で全てを書き下すのは、例え『観測可能な宇宙』の物質を紙とインクに変えても不可能である。
 
なお、[[宇宙]]の大きさについては、[[無限大]]も含めて諸説あり、[[宇宙のインフレーション|インフレーション]]後の宇宙の大きさとして出された物理学者[[レオナルド・サスキンド]]による解のひとつは、<math>10^{10^{10^{122}}}</math> m 以上であり<ref>[http://arxiv.org/abs/hep-th/0610199 "Susskind's Challenge to the Hartle-Hawking No-Boundary Proposal and Possible Resolutions"]</ref><ref>[http://en.wikipedia.org/wiki/Orders_of_magnitude_(length) Orders of magnitude (length) - Wikipedia]</ref>、これは、グーゴルプレックスプレックス光年、また『観測可能な宇宙』のグーゴルプレックスプレックス倍の空間よりも、はるかにでかい。
 
グーゴルプレックスプレックスは、10 ^ 10 ^ 10 ^ 100 と単純に表記することが可能である。
{{reflist}}
 
{{巨大数}}
{{DEFAULTSORT:くうこるふれつくすふれつくす}}
[[Category:数の単位]]
1,810

回編集