「村国男依」の版間の差分

封120戸
(封120戸)
== 功臣のその後 ==
 
日本書紀は戦後行賞の記事で個人名をあげないので、村国男依どのような褒賞を受けたかはわからない。12月4日に勲功ある人を選んで冠位を増し、[[小山]]位以上をあたえたとする記事があるので、男依受けたもこれ以上ではあっただろう。『[[続日本紀]]』大宝元年 ([[701年]]) 7月21日条は、先朝が壬申の論功をおこなったときに村国小依が120戸の封を賞として与えられたことを伝える。小依(男依)の120戸は最多である。だが、地方豪族出身である男依らが、功によって中央の要職を占めることはなかった。
 
男依は天武天皇5年([[676年]])7月に死んだ。壬申の際の功により、外[[小紫]]が贈られた。小紫は高位だが、他の壬申の功臣と同じく[[外位]]である。出自が低い者を有力貴族と同列にするわけにはいかないが、彼等の功績は高く顕彰したいという考慮から、「外」という位が作られたと推測されている。
27,911

回編集