「小谷正勝」の版間の差分

編集の要約なし
|選出方法 =
}}
'''小谷 正勝'''(こたに ただかつ、[[1945年]][[4月8日]] - )は、[[兵庫県]]出身の元プロ野球選手、野球指導者。ポジションは[[投手]]。日本を代表する名コーチとして知られ、関東を拠点とする3チーム([[横浜DeNAベイスターズ|大洋→横浜]]、[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]、[[読売ジャイアンツ|巨人]])すべてでコーチを務めた唯一の人物でもある。
 
名前はしばしば「まさかつ」と読まれることがあるが、「ただかつ」が正しい。
[[兵庫県立明石高等学校|明石高校]]、[[國學院大學|國學院大]]から[[1967年]][[ドラフト会議|ドラフト]]1位で[[横浜DeNAベイスターズ|大洋ホエールズ]]に入団。
 
[[1970年]]から大洋初の専任[[ストッパー]]に転向、当時はセーブが存在していなかったため、晩年の6セーブしか記録されていないが、[[1970年]] - [[1971年]]と2年連続して50試合以上に登板、防御率2.11、2.13と安定感を見せた。[[1971年のオールスターゲーム (日本プロ野球)|1971年のオールスターゲーム]]では[[西宮球場|阪急西宮スタジアム]]で行なわれた第1戦で5番手として登板している。この試合はオール・セントラル投手陣が[[江夏豊]]の9連続三振を皮切りに[[渡辺秀武]]、[[高橋一三]]、[[水谷寿伸]]と繋いでオール・パシフィック打線を無安打に抑えていた。小谷は8回1死から登板して打者8人を相手に4三振を奪うなど無安打に抑えて試合を締めくくり、日本のオールスター史上唯一の[[ノーヒット・ノーラン]]に貢献している。ちなみに現役時代、オールスターゲームに出場したのはこの試合だけである。[[1975年]][[9月15日]]の[[阪神タイガース]]戦、1対1の同点で迎えた延長12回裏阪神の攻撃で、三塁走者の[[末永正昭]]がホームスチールを敢行した。これにあわてた捕手[[福嶋久晃]]は小谷の投球をホームベース上に飛びついてキャッチし、打者の[[池辺巌]]と接触してしまった。この場合捕手に[[打撃妨害]]がつくが、三塁走者のホームインはなぜか投手の[[ボーク]]として記録され、小谷は無実のサヨナラボークを記録した。これは小谷が記録した唯一のボークである。
 
[[1977年]]に引退したのち、[[1978年]]は大洋スカウト<ref>[[日刊スポーツ]]、33年ひと筋名投手コーチ①小谷の指導論、2012年1月17日</ref>、[[1979年]]から[[1986年]]までは大洋投手コーチ、1987年からは監督の[[関根潤三]]に招聘され[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]の投手コーチに就任した。その後大洋投手陣は崩壊し、大洋投手陣は球団に対して「小谷コーチを戻して欲しい。」との嘆願書を出したそうである。[[1989年]][[5月31日]]の阪神との乱闘劇で危険球を投げた阪神の[[渡辺伸彦]]を[[栗山英樹]]とともに外野まで追い掛け回した。その後関根監督退陣とともに1990年に大洋の投手コーチに復活し1995年まで務めた。[[1996年]] - [[2002年]]は再びヤクルトの投手コーチを務めた。大洋・横浜、ヤクルトの2球団で[[内藤尚行]]、[[川崎憲次郎]]、[[三浦大輔]]、[[佐々木主浩]]、[[五十嵐亮太]]などの育成に貢献。五十嵐は「今の自分があるのは小谷さんのおかげ」と話し[[ニューヨーク|メッツ]]入団が決まった時に真っ先に[[国際電話]]で小谷に報告している<ref>[http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20091223-OHT1T00048.htm 五十嵐、恩師の巨人・小谷コーチに全力投球誓う] スポーツ報知</ref><ref>[http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20091223-OHT1T00049.htm?from=related 名伯楽・小谷コーチ、五十嵐に「目いっぱいやれ」] スポーツ報知</ref>。[[2003年]][[山下大輔]]の監督就任に伴い横浜にコーチとして復帰したが、山下監督退任共に[[2004年]]で退団し、[[2005年]]からは巨人二軍投手コーチを務める。就任した巨人でも早速[[内海哲也]]のフォーム修正などを担当、前二軍監督の[[高橋一三]]とともに翌年内海がブレイクする下地をつくった。また、入団テストを受けに来た[[山口鉄也]]の獲得を進言。[[越智大祐]]も小谷のアドバイスからピッチングのコツを掴みブレイクしている。その後も主にシーズン中のフォーム修正などを担当している。
[[1975年]][[9月15日]]の[[阪神タイガース]]戦、1対1の同点で迎えた延長12回裏阪神の攻撃で、三塁走者の[[末永正昭]]がホームスチールを敢行した。これにあわてた捕手[[福嶋久晃]]は小谷の投球をホームベース上に飛びついてキャッチし、打者の[[池辺巌]]と接触してしまった。この場合捕手に[[打撃妨害]]がつくが、三塁走者のホームインはなぜか投手の[[ボーク]]として記録され、小谷は無実のサヨナラボークを記録した。これは小谷が記録した唯一のボークである。
 
[[1977年]]に引退したのち、[[1978年]]は大洋スカウト<ref>[[日刊スポーツ]]、33年ひと筋名投手コーチ①小谷の指導論、2012年1月17日</ref>、[[1979年]]から[[1986年]]までは大洋投手コーチ、1987年からは監督の[[関根潤三]]に招聘され[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]の投手コーチに就任した。その後大洋投手陣は崩壊し、大洋投手陣は球団に対して「小谷コーチを戻して欲しい。」との嘆願書を出したそうである。
 
[[1977年]]に引退したのち、[[1978年]]は大洋スカウト<ref>[[日刊スポーツ]]、33年ひと筋名投手コーチ①小谷の指導論、2012年1月17日</ref>、[[1979年]]から[[1986年]]までは大洋投手コーチ、1987年からは監督の[[関根潤三]]に招聘され[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]の投手コーチに就任した。その後大洋投手陣は崩壊し、大洋投手陣は球団に対して「小谷コーチを戻して欲しい。」との嘆願書を出したそうである。[[1989年]][[5月31日]]の阪神との乱闘劇で危険球を投げた阪神の[[渡辺伸彦]]を[[栗山英樹]]とともに外野まで追い掛け回した。その後関根監督退陣とともに1990年に大洋の投手コーチに復活し1995年まで務めた。[[1996年]] - [[2002年]]は再びヤクルトの投手コーチを務めた。大洋・横浜、ヤクルトの2球団で[[内藤尚行]]、[[川崎憲次郎]]、[[三浦大輔]]、[[佐々木主浩]]、[[五十嵐亮太]]などの育成に貢献。五十嵐は「今の自分があるのは小谷さんのおかげ」と話し[[ニューヨーク|メッツ]]入団が決まった時に真っ先に[[国際電話]]で小谷に報告している<ref>[http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20091223-OHT1T00048.htm 五十嵐、恩師の巨人・小谷コーチに全力投球誓う] スポーツ報知</ref><ref>[http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20091223-OHT1T00049.htm?from=related 名伯楽・小谷コーチ、五十嵐に「目いっぱいやれ」] スポーツ報知</ref>。[[2003年]][[山下大輔]]の監督就任に伴い横浜にコーチとして復帰したが、山下監督退任共に[[2004年]]で退団し、[[2005年]]からは巨人二軍投手コーチを務める。就任した巨人でも早速[[内海哲也]]のフォーム修正などを担当、前二軍監督の[[高橋一三]]とともに翌年内海がブレイクする下地をつくった。また、入団テストを受けに来た[[山口鉄也]]の獲得を進言。[[越智大祐]]も小谷のアドバイスからピッチングのコツを掴みブレイクしている。その後も主にシーズン中のフォーム修正などを担当している
 
[[2003年]][[山下大輔]]の監督就任に伴い横浜にコーチとして復帰したが、山下監督退任共に[[2004年]]で退団し、[[2005年]]からは巨人二軍投手コーチを務める。就任した巨人でも早速[[内海哲也]]のフォーム修正などを担当、前二軍監督の[[高橋一三]]とともに翌年内海がブレイクする下地をつくった。また、入団テストを受けに来た[[山口鉄也]]の獲得を進言。[[越智大祐]]も小谷のアドバイスからピッチングのコツを掴みブレイクしている。その後も主にシーズン中のフォーム修正などを担当している。
 
[[2009年]]、[[ディッキー・ゴンザレス]]に[[チェンジアップ]]を習得させ、来日以来最高のピッチングをするきっかけを作っており、同年[[7月2日]]に来日初先発・初勝利を記録した[[ウィルフィン・オビスポ]]も小谷の指導の下、投球技術と制球力を向上させた。オビスポも初勝利の際、感謝したい人は?との問に真っ先に小谷の名を上げている。
匿名利用者