「奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎反響: 反響トル 出典が団体のHPでは、宣伝にしかとれない 新聞とかの外部メディアに取り上げられたわけでない)
2003年11月13日、発砲の指示を出した巡査部長D、車に向けて発射した巡査C、Aを銃撃した巡査部長E、Bを銃撃した巡査長Fに対して、Aの遺族が、殺人罪と特別公務員暴行陵虐罪で、[[奈良地方検察庁]]に刑事告訴する。[[2006年]]1月11日、不起訴処分となる。翌日1月12日、[[奈良地方裁判所]]に、Aの遺族が[[付審判請求]]を提起する。
 
2010年4月16日、奈良地方裁判所で、巡査部長Eと巡査長Fについて、特別公務員暴行陵虐致死と同致傷の罪で審理される旨の付審判決定がなされる。[[2011年]]1月24日、付審判での殺人罪での審理もされることとなる<ref>{{cite news |title=奈良・大和郡山の警官発砲:付審判決定の警官、殺人罪で審理 奈良地裁、裁判員裁判 |newspaper=毎日新聞 |date=2011-01-25 |url=http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110125ddm041040119000c.html |accessdate=2011-02-15}}</ref>。[[2012年]][[1月23日]]に、付審判決定による[[裁判員]]裁判の初公判が開かれ、同年[[2月28日]]、両被告に無罪判決が出された<ref>{{cite news |title=奈良・警察官発砲の付審判、初公判は来年1月23日 逃走車の男性死亡|newspaper=産経新聞 |date=2011-10-3 |url=http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111003/trl11100314200001-n1.htm |accessdate=2012-10-3}}</ref><ref>{{cite news |title=「付審判」初の裁判員 警官発砲で死亡 23日初公判
 
|newspaper=朝日新聞 |date=2012-01-18 |url=http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201201180027.html |accessdate=2012-01-18}}</ref>。
[[2012年]][[1月23日]]に、付審判決定による[[裁判員]]裁判の初公判が開かれる<ref>{{cite news |title=奈良・警察官発砲の付審判、初公判は来年1月23日 逃走車の男性死亡|newspaper=産経新聞 |date=2011-10-3 |url=http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111003/trl11100314200001-n1.htm |accessdate=2012-10-3}}</ref><ref>{{cite news |title=「付審判」初の裁判員 警官発砲で死亡 23日初公判
|newspaper=朝日新聞 |date=2012-01-18 |url=http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201201180027.html |accessdate=2012-01-18}}</ref>。争点は、殺意の有無と発砲行為の正当性となり、窃盗犯Bの主張するところの、射殺されたAは車上荒らしをしていないとすることについての関連の証言は、報道されていない。同年[[2月20日]]、発砲の両警官に対して、検察官役指定弁護士より懲役6年の求刑がなされる<ref>{{cite news |title=発砲の2警官に懲役6年求刑 奈良地裁付審判|newspaper=朝日新聞 |date=2012-2-21 |url=http://www.asahi.com/national/update/0220/OSK201202200054.html |accessdate=2012-02-21}}</ref>。[[2月28日]]両被告に無罪判決が出された<ref>{{cite news |title=発砲で死亡、2警官に無罪 裁判員が判断 奈良地裁
|newspaper=朝日新聞 |date=2012-2-29 |url=http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201202290019.html |accessdate=2012-02-29}}</ref><ref name="thee">{{cite news |title=発砲2警官に無罪判決…奈良地裁裁判員裁判
|newspaper=読売新聞 |date=2012-2-29 |url=http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120229-OYO1T00174.htm?from=top |accessdate=2012-02-29}}</ref>。直ちに、控訴の手続きが取られる<ref name="thee">{{cite news |title=発砲2警官に無罪判決…奈良地裁裁判員裁判
|newspaper=朝日読売新聞 |date=2012-012-1829 |url=http://wwwosaka.asahiyomiuri.com/kansaico.jp/e-news/OSK20120118002720120229-OYO1T00174.htmlhtm?from=top |accessdate=2012-0102-1829}}</ref>。
 
なお、1949年以降、延べ約1万8000人の付審判請求があったが、2010年10月21日時点では付審判決定にいたったのは23人であり、有罪9人、無罪9人、係争中4人、免訴1人となっている<ref>[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%98%E5%AF%A9%E5%88%A4%E8%AB%8B%E6%B1%82 付審判請求 - Wikipedia]</ref>。この事件が、付審判での最初の裁判員裁判となる。
1,810

回編集